記事

「前向き」論への視点

あけましておめでとうございます。

 志望されない業界になっているという、お世辞にも明るいとはいえない現実を抱えている法曹界。そんななかで、「前向き」論と括れるような論調を繰り出されている方々も目立ってきました。既存法曹が業界の未来と自ら生存をかけて、「前向き」であること自体を頭から否定する人はいないと思います。ただ、それがこの状態を生んでいる「改革」への肯定的評価とつなげようとする試みを含むでいるとなると、本来話は別といわなければなりません。

 「改革」の動かし難い負の影響の前に、「改革」を全否定するのはおかしい、として、プラス面を強調する論調が業界内に登場しています。増員政策にしてもある種の需要がみたされた、裁判員制度によって裁判所が国民の目線を意識するようになった、民事裁判が短縮化された――。「改革」以前には、どうにも動かなかったものが、制度改革によって着実に動いたんだと。昨年、「希望」という言葉を書名に冠した裁判官・元裁判官らによる書籍が出版されましたが、まさに、「改革」路線の先にある未来の希望を、そのプラス面に見出そうとする試みです。

 しかし、こうしたタイプの「前向き」論に出会う度に、二つのことが気になります。一つは、それがどういう意味を持つのかということへの疑問です。前記したプラス面の捉え方自体、評価が分かれるところですが、仮にそれが正しい主張であったとしても、それこそ、「司法改革」といわれるものに全体に点数をつけるような試みにしかいかされない。要は、反対派が主張するようなマイナス面について、何の助け舟にもならないということです。

 そもそも「改革」反対派、慎重派が、プラス面を含めて全否定しているとは限らず、プラス面があったとしても、マイナス面を無視できないといっているのであれば、対立軸はずれていることになります。むしろ、「前向き」論が反対派、慎重派への対抗論調として真正面からぶつけられ、正当性が主張されるのであれば、マイナス面の犠牲をプラスの「価値」によって、許容させようとする方向にだってとれてしまいます。

 ただ、現実的には「価値」の評価、つまりこれだけのプラスを「改革」生んでいるんだから、ある種の犠牲が伴うのは致し方ない、という直球勝負ではなく、単にそれは「改革」の現実への目くらましにしかなっていない、ように見えます。反対派・慎重派からすれば、どこまでいっても光の部分の「希望」を語るだけでは済まない、という言葉が用意されるはずなのです。

 そして、もう一つは、その「前向き」論が見出そうとしている「希望」とは一体、誰にとっての希望なのか、ということです。生き残ろうとしている弁護士にとっての希望なのか、裁判官にとってのそれなのか、これから法曹になろうとするものにとってのそれか、それとも私たち利用者にとってものなのか――。「改革」の現実的な問題は、むしろそれが共通のものとして生み出せていない、想定通りには生み出せていないというところにあるのではないでしょうか。

 弁護士が増やしても経済的には破綻せず、市民にとってよりよい形の司法救済が実現し、そして、それを支える優秀な人材がこの世界に集まる。利害の対立ということだけでなく、それぞれの無理を直視しないところに、むしろ「改革」の想定の甘さがあったのではないでしょうか。弁護士会主導層などから昨今聞こえてくる「魅力」発信を同業者に求める論調も、現状を甘く見た、一方向からの「前向き」論である印象を持ちます。

 最近のツイッターでこんなことがつぶやかれていました。

  「司法制度改革について『弁護士が儲からなくなったら弁護士志望者が減る』という批判をする弁護士が居て、それに対して『自分が儲からなくなるのが嫌なんだろ』って反論は、むしろ相手の論を補強してるよね。 目の前の弁護士は『元・弁護士志望者』やで」(泥濘大魔王サイケ)

  「改革」をめぐって、甘えや努力不足一辺倒で弁護士をたたいてみてももはやこの現実からは抜け出せない、むしろそれが盲目的であるところに「改革」論調の行き詰まりが読み取れます。もはや自らにとってもマイナスになることまでが強弁されていることこそ、「改革」の行き詰まりの根深さ、深刻さを物語っているというべきなのです(「弁護士のため息」)。

 やはり私たちは、さまざまな立場で繰り出される「前向き」論、楽観論に惑わされず、この「改革」が当初の想定に反し陥っている現実に向き合う必要があります。

あわせて読みたい

「司法制度改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  4. 4

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

  6. 6

    安倍首相は天皇の政治利用を慎め

    小宮山洋子

  7. 7

    サンジャポがねつ造か 非難の声

    女性自身

  8. 8

    首相は日米会談の合意内容明かせ

    大串博志

  9. 9

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  10. 10

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。