記事

アングル:年末商戦不振の米百貨店、投資家は戦略的改革に期待

[シカゴ 5日 ロイター] - 一部の米百貨店の年末商戦が不振だったため、百貨店が過去の水準まで回復するのは永遠に無理なのではないか、との懸念が広がっている。ただ、長期的な回復への望みを捨てていない投資家もいる。

メーシーズ<M.N>やコールズ<KSS.N>の販売不振や店舗閉鎖、人員削減などを受け、小売株は今週大幅に下落した。メーシーズ株は5日に14.8%、コールズ株は20.5%も下げる場面があった。それでも大半のアナリストは「売り」推奨には踏み込んでいない。

小売業界ではここ数年、オンライン通販、安売りチェーン、ファストファッション店の台頭といった地殻変動が起こり、百貨店は苦戦を余儀なくされた。

しかし投資家は、オンライン販売への投資や店舗数の削減といった百貨店の戦略的改革に期待を寄せている。

例えばメーシーズは4日、年内に68店舗を閉鎖すると発表。デジタル事業への投資を増やし、「バックステージ」ブランドの店舗を通じた値引き商品の販売や経営刷新、コスト削減に重点を置く方針を示した。

BMOプライベート・バンクのジャック・アブリン最高投資責任者は「これらの小売業者を取り巻く環境が大幅に好転するとは見ていない」とした上で、「それでも改革を実施する余地は残っており、その効果を見極めたい」と話した。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスのシニア・クレジットアナリスト、クリスティナ・ボニ氏は「店舗からオンラインへの移行が均衡点に達する時期がいずれ訪れるだろう」と楽観視している。

トムソン・ロイターのアイコン(Eikon)によると、メーシーズをカバーしているアナリスト22人中、18人は「ホールド(保有維持)」を、1人は「買い」、3人は「強い買い」を推奨をしている。

コールズはアナリスト23人中13人が「ホールド」、5人が「強い買い」、1人が「買い」4人が「売り」だ。

(Nandita Bose記者)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。