記事
  • essa

将棋が強い人が正義でいい、本当に強ければ

1/3

将棋のソフト指し疑惑について、第三者委員会の調査結果が発表されました。

私は、この問題について三本の記事を書いています。

いずれの記事でも、不正の有無について直接的な言及は避けていますが、内心では「不正は間違いなくあった」と考えて書いており、普通に読めばそのニュアンスを汲み取れる文章だったと思います。

現時点では、この点については、自分の認識が間違っていたと考えており、第三者委員会の「不正は無かった」という調査結果は充分信頼のおけるものだと思っています。このような記事を書いたことについては、三浦九段および関係者の方におわびします。

ここでは、自分のこの間違った認識がどうして起きたのかについてふりかえりつつ、さらにこの問題について考えてみたいと思います。

報告書で驚いた点

第三者委員会の報告書を読んで、私が驚いた点は次の二点です。

  • 竜王戦挑戦者決定三番勝負の第二局、第三局で、連盟理事が対局中の三浦九段を監視していたこと
  • 疑惑の指してについて多くのプロ棋士にヒアリングを行なった所、大半が「不自然な手とは言えない」と回答したこと

前者は、8/26という文春記事よりかなり早い時期に連盟が積極的に調査に動いていたということで、これまで連盟側が強調していた「切羽つまった状況の中での判断」という説明との整合性がありません。

後者は、10/10に行なわれたトップ棋士による「極秘会合」の中で、三浦九段を擁護する棋士がいなかったという話とくい違います。

私にとっては、特に後者がショックでした。会合の席では勢いに飲まれて何も言えないということは充分ありうると思っていましたが、少なくともここで疑惑の対局や指し手について説明があったのですから、参加した棋士は、その後、問題の棋譜を後日自分で検討したことは間違いないと思います。

仮に渡辺竜王がこの後の処分を強引に進めたのだとしても、連盟会長の谷川九段や棋士会会長の佐藤九段が、それに異議をとなえなかったのは、棋譜の中に説明できない手があったからだと思っていました。

一致率の件や、その手をソフトが指せるかどうかについては、将棋ソフトの知識が浅いので、自信を持って判断できなかったり、見解が二点三点することもあると思うのですが、棋譜を見せて「これは三浦さんの手かどうか」という質問には、自分自身で明解な判断を下して、それが揺らぐことはないと思っていました。

私が「不正は間違いなくあった」と考えた一番大きな根拠は、この点です。特に佐藤康光九段がその場にいた以上は、棋譜の中に疑惑の手があると考えるべきだろう、そう考えていました。

第三者委員会がヒアリングを行なった棋士の名前は公開されていませんが、状況から見ても棋力から見ても「秘密会合」の参加者が全く含まれていないことは考えられません。しかし、多くの棋士が「不自然な手はなかった」と証言しているということで、これを見て私は考えを変えるべきだと思いました。

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。