記事

中国の監視機関、組織内汚職描いたTV番組を放映開始

[北京 4日 ロイター] - 中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会(CCDI)は3日、同機関内の収賄を描いた全3話のテレビシリーズの放映を開始した。習近平国家主席が進める汚職撲滅作戦に、例外は一切ないとのメッセージを送るのが目的だという。

第1話では、1990年代に捜査当局者らが権力の座を利用し、真珠や腕時計、金の延べ棒といった高価なプレゼントや現金をどのように受け取っていたのかを暴露。収賄罪などに問われた広東省人民政治協商会議(政策助言機関)の前主席、朱明国被告がインタビューされ、党内の監視制度のギャップを悪用して数千本の高価な酒類や多額の現金を受け取ったと語った。

番組のナレーターは、同被告の言葉を引用し、証拠隠滅や海外逃亡を図ろうとする他の当局者に対する警告として、こうした戦略は上手く行かず、罪が重くなるだけだと述べた。

習主席は、「ハエ(小物)もトラ(大物)も一緒にたたく」と述べ、反汚職キャンペーンを展開。北京で昨年10月に開かれた党の幹部集会で、CCDI内部の規律を正す必要性を強調していた。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。