記事

子どもに、子育てに優しい社会にしたい

超少子高齢社会の世界トップをいく日本で、まだまだ子どもや子育てに優しい社会とはいえない現状があります。

新しい年、少しでも子どもや子育てに寄り添い、理解し、支援する日本の社会になればと願っています。

子どもの貧困や教育予算の少なさなど、気づいた時にお伝えしてきていますが、今日は、昨年、「保育園落ちた、日本死ね!」という過激なことばから国会でも大きくとりあげられた保育園について考えたいと思います。

私自身、NHKでアナウンサー、解説委員をしながら、育児休業も0歳児保育もない中、3人の男の子を、東京の中野区、横浜市の6つの保育園でみてもらいながら育てました。

そのこともあって、放送でも保育園のことを取り上げましたし、国会議員になってからも、子ども・子育て支援の政策として、野党議員としても取り組んでいましたし、厚生労働副大臣・大臣として、社会保障と税一体改革の中で、子ども・子育て支援の3本の法律も成立させました。

昨年報道された中で、保育園に関しての記事をいくつか切り抜きをしていますが、保育園の建設に周囲の理解が得られない、という事態に心を痛めています。

昨年4月に開園予定だったのに、中止・延期された認可保育所などが、15自治体で計49園あった、と報じられていました。

このうち、住民との調整が理由だったものが、7自治体で13園ありました。

子どもの声や車の通行量増加などへの懸念から住民が反対し、自治体に説明を求める動きが広がっているようです。

送り迎えの保護者の車については、迷惑にならないように方策をとることができるように思いますが、子どもの声が騒音ということについては、悲しくなります。

60人もの子どもが来るとうるさい、調理室の臭いがいやだ、こんな閑静な所に作らないでほしい、送迎の保護者のマナーなど、反対の理由があげられています。

建設されてからも、園庭を深く掘って高い塀を建て音がなるべく漏れないようにしている、子どもは外では遊ばせないなど、子どもの発育によくない対応を取らざるを得ない園もあると聞きます。

せっかく生を受けた子どもが、生き生きと成長できるように、親など保護者が周りの目を気にしすぎたり無理をしたりしないで子育てできるように、もっと思いやりをもった優しい社会であってほしいと願います。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。