記事
  • Sozen
  • 2017年01月02日 10:45

2017年前半の原油相場見通し

読者諸賢には健やかな新年を迎えられ、おめでとうございます。

皆様に実り多き年になることを祈念いたします。

1月となり、OPEC やロシアなど非加盟国による減産が始まっているはずです。

減産実施国の原油生産量は、昨年10月時点の数量より日量百数十万バレル減る目論見となっています。

減産が予定通り実行できる場合、2017年の世界の石油需給バランスは供給不足に転じることが見込まれます。

 リンク先を見る

過去10年弱の推移を見ると、2011年までの供給不足を背景に原油価格は$80/bblを上回り、2012年に供給過剰となった際に頭を押さえられたあと、2013年に再び需給が改善して年末の価格は$100/bblに迫りました。

その後は供給過剰が価格を低迷させています。

2017年の需給バランスが不足に転じるなら、原油相場が$60/bblを超えて$80/bblに達するのは極めて自然な流れといえるでしょう。

もちろん、相場上昇によるシェール オイル増産は当然予想されます。しかし、2016年中のリグ稼働数は200基程度増えただけで年末時点で525基に過ぎません。

リンク先を見る

過去の記録からリグ稼働数が1,000基を超えると産油量に大きな影響を与えており、2012年からの米国産油量増加局面では月間に日量10万バレル余り増えています。

同様の増勢が再現されると、1年半程度で今回の減産は帳消しとなる計算です。

米国のリグ稼働数増加ペースは、最盛期で月に30基程度となっていました。同じペースが繰り返されると、現在の水準から2か月余りでリグ稼働数は1,000基を超えることになります。

ただし、リグ稼働数増加の最盛期の原油価格は$70~$110/bblで、足元の相場水準は開発のトリガーとしては物足りない感が否めません。


2017年の第1四半期は需給改善を背景に相場堅調で、それがトリガーとなってリグ稼働数の増加ペースが月間20基を超えたところでセンチメント転換が予想されます。

ただし、すべては減産が実行されることが大前提ですが。

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  4. 4

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  9. 9

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  10. 10

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。