記事

タンザニア農民との学び――国家の周縁地で森林保全とエネルギーの関係を考える / 黒崎龍悟 / アフリカ地域研究、近藤史 / 生態人類学

1/4

シリーズ「等身大のアフリカ/最前線のアフリカ」では、マスメディアが伝えてこなかったアフリカ、とくに等身大の日常生活や最前線の現地情報を気鋭の研究者、 熟練のフィールドワーカーがお伝えします。今月は「等身大のアフリカ」(協力:NPO法人アフリック・アフリカ)です。

森林荒廃が進む農村部

東アフリカ、タンザニアの幹線道路を地方に向けて進んで行くと、道端に薪や炭を並べた即席の露店が、長い距離にわたってたびたび現れる。タンザニアの農村部ではガスや電気といったインフラがほとんど整っておらず、煮炊きにはもちろん、光源としても薪や炭が使われている。だが、露店に並ぶ薪炭は、近隣の農村ではなく都市部のエネルギー需要を満たすためのものだ。一部の富裕層を除けば、都市に住む人びとも調理に使うエネルギーを炭に依存している。近年の急速な経済成長は都市部に多くの人びとを引きつけ、薪炭の流通拡大に拍車をかけている。

画像を見る

幹線道路沿いに並べられた薪炭と木製の車止め

こうした薪や炭の販売は、農村部の人びとにとって手っ取り早い、かつ唯一といっていいほどの現金収入源になっている。彼らが現金収入を求める背景には、先進諸国の援助によって学校や医療施設が整えられて教育機会や治せる病気の幅が増えた反面、学費や医療費の捻出が重くのしかかってきたという事情がある(伊谷2016a)。

自然林から薪炭を取り出したり、伐開地を耕作して農産物を販売するのはまだ良い方で、いよいよ困窮すると土地を売ってしまう。農民にとって土地を失うことは生活基盤の消失を意味しており、その先のさらなる生活の困窮を招来する。近年、注目を集めているランド・グラッビング(土地収奪)には、外国企業によるものだけではなく、都市在住のタンザニア人富裕層による投資的な動きも混在しており、じわじわと農村部に進展している。不在地主が増加すれば、農村部の土地利用が混乱することは想像に難くない。

このようにして都市の一部の富裕層と農村部の格差が深刻さを増していくなかで、ある地域では住民がみずから問題を打開するために新たな事業をはじめている。私たちは、タンザニアの農村部における環境問題の実態把握を進めるとともに、そうした住民発の対処法に学びながら実践的な活動にも取り組んできた。この小論ではとくに、タンザニア南西部、行政的にはソングウェ(Songwe)州モンバ(Momba)県と呼ばれる地域の農村での活動に触れながら、アフリカの環境問題を捉える視点を提起したい。

植林は誰のニーズ?――国家の周縁地から眺める森林政策

ザンビア国境にも近いタンザニア南西部は、ふるくからさまざまな民族が行き交う「民族の回廊」と呼ばれてきた。そこでは人びとの交流とともに、焼畑をはじめとするさまざまな農法も伝播し、ミオンボ林(Miombo)と総称される自然林を薄く広く使う文化が息づいていた。

モンバ県に住むニャムワンガ(Nyamwanga)の人びとも、近隣の民族との交流のなかで多様な農法を育んできたが、冒頭で述べたようなグローバル経済の影響を受けて生活に困窮している。焼畑農耕を営む彼らは、生活基盤である林のバイオマスが脆弱になっていく現状を理解しつつも、現金を稼がなければならないというプレッシャーのなかで、どのように林を管理すればよいのか立ち往生している。

タンザニア政府は、1961年の独立後も植民地時代の環境政策を引き継ぎ、現在まで森林保全に力を入れてきた。しかしそれは住民による利用を許さない保護林の設定や造成が主体であったため、植林に対する住民のインセンティブは上がらず、事業は持続性を欠いていた。2000年前後には林の管理を住民に委ねる政策も講じられたが、木材資源の需要が高まるなかで住民に伐採の自制を期待するのは容易でなかった。

保護林の設定や造成にはタンザニア国家のエネルギー政策も強く関連している。タンザニアの系統電力は、大規模なダム型水力発電に大部分を依存している。そのため政府は、水源や流域に対して厳しい土地利用規制を課し、水源涵養林を保全する義務を押し付けている。

また、環境保全の名の下に製炭の禁止令を出したものの、炭に代わるエネルギーの供給策を講じることはなく、肥大する都市のエネルギー供給を事実上、農村部の製炭に依存し続けている。これまでの森林政策は、いわば都市部のニーズに向けたものであり、農村部は都市部のための環境保全とエネルギー供給の役割をお仕着せられてきたのである。とりわけ、国家のサービスから遠い位置にあるニャムワンガ社会は、国家政策の矛盾が顕在化している最前線の地域といえる。

このような状況に対して、植林といっても劣化した自然林を修復するのではなく、自分たちで利用しながら管理する人工林の造成がひとつの打開策になると私たちは考えている。経済価値が高く、また住民の裁量で使える林を創りだせば、自然林にかかってきた負荷を軽減できる。

タンザニア南西部の気候は大きく雨季と乾季に分かれるが、近年では降雨パターンが不規則になる傾向があり、これまでの慣行的な農業に支障がでている。しかし樹木は一度活着すれば簡単には枯死しないので、不作の年でも材木の販売によって生計を補てんできる。

私たちは、このようなことを念頭に置きつつ、1990年代から同地で実施されてきた実態把握の成果に基づき、地域の環境と経済をめぐる問題について取り組んできた。そのプロセスにおいて村の有志と住民グループを組織し、彼らとともに先進的な地域の事例に学びながら活動を進めてきた。

あわせて読みたい

「アフリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。