記事

小林製薬のマーケティング

1/2
さて、師走は忘年会やらクリスマスパーティやらでお酒を飲む機会が増えます。
ぼくはたいしてお酒が強くないので、体調が悪いとワインを一杯飲んだ程度で、その日のうちに二日酔いのような頭痛がおきます。そこで役に立つのがこの薬です。


実はこの薬、成分は漢方薬の五苓散です。

小林製薬のアルピタンのページです。
http://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2016/160928_02/
>アルコールなどによる頭痛を抑える、漢方処方のアルコール頭痛対策薬が新発売

>年末年始が近づくにつれ、忘年会や新年会といった場でお酒を飲む機会が増える方は多いと考えられますが、生活者の中には、飲酒によるアルコールが原因で頭が痛くなってしまう方がいます。

>弊社生活者調査によると、20-69歳男女の中で、月1回以上飲酒で頭痛が起こることがある方は、約10人に1人で、762万人にものぼることがわかりました。また、飲酒前の予防策として「特になし」に次いで、「ウコン配合ドリンク」「水分を多く摂る」が上位にあがり、頭痛が起こった後の対処法としては、「水分を多く摂る」「睡眠」「市販の鎮痛薬」が上位にあがり、さまざまな対処法を試みている実態がわかりました。その一方で、これらの対処法に対し、約7割の方が満足できていないことが明らかになりました。

>そこでこの度、漢方処方「五苓散(ごれいさん)」の働きでアルコールなどによる頭痛を抑える、アルコール頭痛対策薬「アルピタン」を新発売いたします。

>本製品の発売により、アルコール頭痛対策薬という新たな市場を創造してまいります。


アルピタンは6包で1,080円(税込み)五苓散(ごれいさん)料エキス 2.3g

対してツムラの五苓散は24包で、希望小売価格は:3,780円(税込)
乾燥エキス1.4gを含有。
http://www.tsumura.co.jp/products/ippan/019/index_s.html

ツムラの五苓散だと2包で、概ねアルピタンの1包分です。
アルピタンの方がお得、ということになります。

小林製薬のマーケティングは俊逸です。

まず、アルピタンのというネーミングで、飲酒による頭痛を抑えることを前面に押し出しました。
既存の競合製品はそのようなことを謳っていません。
そしてツムラや他の漢方メーカーは、五苓散にそのような効能があることを積極的に謳っていません。

あわせて読みたい

「マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  4. 4

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  8. 8

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。