記事

軍事を軽視した“ツケ”

1/2

まず冒頭で「糸魚川大規模火災」で被災された皆さんに、心から同情申し上げる。

今朝の産経は「大火から約2日ぶりに被災地に入った住民らは24日、自宅や店舗の状況を確認した。『心が崩れそうだ』。悲痛な声が漏れる一方で『復興させたい』と前を向く姿もあった」と現地のその後を報じた。

たった一人の不注意で、22日午前10時20分ごろ発生した火災は、強風にあおられて計144棟に延焼し、うち120棟が全焼、被災者は約200人に上ると見られている。

年の瀬の一番多忙で活気ある時期、すべてを失った方々にかける言葉もない。


天変地異も事故も想定外に起きるが、「戦争」はある程度事前に予測できる。

今年の1月に私は「世界の警察官を放り出したオバマ大統領は、国内の銃規制問題を“泣いて訴える”有様で、米国大統領は『世界のリーダー』であったという誇りを捨てたようだ。

強大な軍事力の利用法を知らないばかりに、世界を不安定な状態にして憚らない、いかにも米国の「リベラル政治家」がもたらす弊害が噴出している。

これがノーベル平和賞受賞者の実態なのだから、アメリカ人の多くも不平不満タラタラだろう。そして次期大統領選に突入する…」と書き、トランプ大統領出現を予想したが、予想通り、米国民が不満を抱いていたことが証明された。


更に「わが国だけは穏やかに松の内を過ごせたが、“一国平和主義”を貫けない情勢が日に日に近づいていることがやがて身に染みてくることだろう。わが政府よ、危機に対する備えは十分か?」と警告したが、我が国の場合は、アメリカよりもさらに程度が低い状況下にあるといわざるを得ない。


隣国のシナは、ついに「核心的利益保護」と称して、流れ込んだ“あぶく銭”で建造を急いだ軍事力を、我が国周辺に進出させ始めた。

不思議なのは「紙幣」を大量に印刷しただけで、現実に軍艦などが生産できるというカラクリだろう。これからは、シナはドンなに経済的に沈下しようとも、現実に獲得した兵器類がある以上、恐れるものは一切ない筈だ。金がなくなれば、周辺諸国から力で奪い取れるからだ。北朝鮮と同様に…

そんなシナを生み出すのに協力したのが、資本主義という儲け主義に汚染された政治家と商売人たちであり、次期米国大統領も商売人出だから「損得勘定」を基に外交交渉をされないとも限らない。いずれにせよこの世は『損得勘定』で動いているから、彼がいい意味でそれを使えばよいが、まだまだ未知数である処が気がかりである。


つまり、こんな不安定な国際情勢を生み出したのは、弱腰と呼ばれるに至った大統領ら、政治家と商売人だ!という事になり、来年からは彼らを排斥する運動が起こらないとも限らない。

現に世界中で起きている政治情勢の変化は、“既成の政治家”らを求めてはいない事がはっきりしている。

例に挙げて気の毒だが、弾劾された隣国の大統領は「側近が朴大統領を怖がって」いて、正確な情報が伝わっていないうえ、「大統領のお父様、朴正煕元大統領は尊敬の念とともに、怖ろしいイメージを持たれています。そのお嬢様、朴大統領は「姫」と呼ばれています。姫からご下問されることもない、コミュニケーションもない。姫がどんなことを考えておられるか、こんなことを言っては怒られるんじゃないかと忖度し、遠慮がちな政権運営がなされています」と加藤前ソウル支局長は語っている。

更に今朝の産経には「韓国では独り飯のことを「独り(ホンジャ)ご飯(パップ)」で「ホンパップ」といい、今や流行語になりつつある」が、「独り身の彼女の大統領官邸でのホンパップが『独り飯大統領の悲劇』などと問題になっている。

 彼女は公式行事以外ではホンパップが多いため「国民との意思疎通を欠くものでケシカラン、職務放棄だ」というのだ。しかし大統領と食事を共にすると「大統領と親しい」といってすぐ外で利権を求めようとする社会だから、大統領もつらい」と黒田記者が揶揄しているが、これでは一国の指導者の資格はないといえる。

尤も、世界のリーダークラスになれば、食事ほど身を脅かす“危険なもの”はないから、簡単に会食など出来るはずはない。

日本だけが賓客に「“猛毒の”フグの刺身」を提供できる稀有な国なのだ。尤も事前に厳重な「毒味」が行われたに違いないが…。


平成4年に発刊された「現代史を支配する病人たち:P・アコス、P・レンシュニック。須賀葉子訳。ちくま文庫」には、「アメリカ国民は大統領の病理学をすっかり忘れてしまっていたのだ。アメリカ大統領の影響力は世界的で、最終的には全民主政体の運命に関わってくるというのに」と慨嘆したうえで、フランクリン・D・ルーズベルト大統領の例を上げている。


≪一九四四年のルーズヴェルトは、自分の健康状態について有権者を欺いていた。あるいは、彼自身が主治医に欺かれていた。

ケネディは大統領に当選した時、外見のようなヴァイタリティーにあふれた頑丈な青年では全くなかった。有権者たちは、これらのことに無頓着とみえる。

アイゼンハワーは心臓病や腸障害を起こした後も再選されたし、ジョンソンも心筋梗塞なのに選出されているのだから。ジェイムス・レストンは、さらに次のように自分の立場をはっきりさせている。

「けれども、私たちは大統領候補の財政状態を知るべきだと強調する一方で、その心身状態については、彼や彼の医者を信じ切ってしまっている。彼の財政状態よりも心身状態の方が、国政の指揮のためにはずっと重大なのである。党大会が候補者を公式に指名する前に、候補者に対して医学専門家の客観的検査がなされるべきだと私は思う。

プライバシーの侵害だと言って、私に反対する向きもあろう。だが、アメリカの軍隊に入る人はみんな厳しい医事検診を受けねばならないのであれば、その責任たるや遥かに大きく、その心身状態が共同体の利害に密接に関わっている将来の総司令官たる大統領候補が、同程度の検診すらも受けないというのは、うなずけないだろう」。

あわせて読みたい

「軍事」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    困っている人を見て見ぬふりはトラブル回避の自己防衛?親切が悲劇を招くことも

    諌山裕

    06月14日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。