記事

共同記者会見、出席の可否の最終判断は細野豪志大臣と再確認

 政府と東京電力の共同記者会見がはじまった当初、細野豪志首相補佐官(当時。現在、原発事故担当大臣)は、「フリーランスを排除するつもりはない」「(フリーランスの出席の可否は)最終的には、(個別に)私が判断する」などと述べていたが、これまでメディア2つ、フリーランス11人が出席を拒否されていることは、『インシデンツ』で報道してきたとおり。

 9月26日の共同記者会見で、この問題を改めて筆者が取り上げると、園田康博・内閣府大臣政務官は以下のように述べた。

 「(上記のメディア2つ、フリーランス11人は)私が着任する前に判断された。当然、細野補佐官(当時)が最終的に判断したと認識している。今後も、私や最高責任者の細野大臣が申請書類を見て、判断していく」

 細野大臣も園田政務官も「政治主導」を強調するが、判断の基準は役人の助言をベースとしているため、メディア2つ、フリーランス11人が記者会見から排除されていると見受けられる。実際、園田政務官は「他省庁の記者会見では、○○となっていると聞いております」などと役人の説明を受け売りすることも多い。

 10月上旬にも行われるという園田政務官とフリーランスらの協議で、ここらの意識がどのぐらい変えられるかが問題となる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  5. 5

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  6. 6

    電車内の感染 特定できないだけ?

    諌山裕

  7. 7

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    30カ国からアビガン要望 提供へ

    ロイター

  9. 9

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  10. 10

    日本人の習慣が感染予防に効果か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。