記事

「九電本店前ひろば」が98日目に突入 - 於保清見

画像を見る
 九州にある川内(せんだい)原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)と玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の運転を止めようと、4月20日から九州電力本店前で座り込みが続けられている。そこは「九電本店前ひろば」(写真)と名づけられ、九州各県のみならず、関東や東北からも人々が集まる。

 98日目(途中、台風で1日、休みがあった)の座り込みとなった7月27日も、九州大学の学生と福島県から避難してきた若者が「ひろば」で意見交換していた。脱原発を求める署名は2万数千人分が集まったという。

 「ひろば」の村長の青柳行信さんは、「座り込みには意義がある。定期検査で運転が止まっている原子炉は再稼働していないし、『ひろば』が脱原発を目指す人たちの交流の場となり、さらに声が大きくなっている」と話す。

 毎日、青柳さんは「ひろば」の様子をメールで配信している。希望者は青柳さん y-aoyagi@r8.dion.ne.jp へ申し込んでほしい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。