記事

人権

不思議に思うのは、日本国内で「人権、人権」と騒いでいる人たちに限って中国の人権問題には腫れ物に触るように、何も言わないことである。

欧米各国は、一応は中国のチベットやウイグル、モンゴルに対する弾圧や他の人権問題を、中国との外交カードに使っているが、日本の外務省には、そんな素振りも感じられない。日本の政治家、官僚、マスコミ、経済界、人権活動家等々、一部の人たちを除いて中国の人権問題について語ろうともしない。

冒頭で述べたように、日本国内の人権問題に熱心な人たちほど、その傾向が強いように感じられる。

彼らが主張する、人権というものは、嘗ての「共産主義の核は良い核で、資本主義の核は悪い核」という理屈と同じダブルスタンダードで「良い人権と、悪い人権」が存在するのか、それとも中国占領地域内に居住している人たちのことを人間とみなしていないのか理解に苦しむところである。(これは北朝鮮の人権問題にも当てはまる)

一人でも多くの人が中国占領地域内に居住している人たちのおかれている現状を知り、真剣に考えてくれることを望む。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。