記事

米個人消費支出伸び鈍化、景気減速の可能性

[ワシントン 22日 ロイター] - 米商務省が発表した11月の個人消費支出は前月比0.2%増となり、伸びは市場予想の0.3%を下回り、前月の0.4%からも鈍化した。個人所得は横ばいとなり、米経済が第4・四半期入り後に減速した可能性が示唆された。

物価調整後の個人消費支出は0.1%増となり、伸び率は前月と並んだ。

自動車を含む耐久財が0.6%減となったことが響いた。サービスは0.3%増となった。

消費の伸びの鈍化を受け物価上昇も停滞し、個人消費支出(PCE)物価指数は前月比横ばいとなり、10月の0.3%上昇から鈍化した。前年同月比では1.4%の上昇だった。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアPCE指数も前月比では横ばいとなり、10月の0.1%上昇から鈍化。前年同月比では1.6%上昇となり、伸び率は7月以来の低水準となった。10月は1.8%と、2014年7月以来の大幅な上昇となっていた。

JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は「労働市場の引き締まりが継続すると見込まれるため、(コアPCEは)時間とともに上昇するだろう」と話す。

個人所得は横ばい。10月は0.5%増加していた。個人所得が延びを示さなかったのは9カ月ぶりとなる。

賃金・給与は0.1%減。貯蓄は7809億ドルと前月の8091億ドルから減少し、2015年5月以来の低水準となった。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スウィート氏は「第4・四半期は弱含みの様相だ。だが2017年上期には成長が加速する」と予想する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  9. 9

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    意外に多い「やり過ぎ感染対策」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。