記事

ドイツでテロ、トルコで大使射殺

19日午後8時(日本時間20日午前4時)頃、ドイツのベルリン中心部で、大型トラックが、買い物客でにぎわうクリスマス市(いち)に突っ込み、少なくとも12人が死亡し、49人が重軽症を負いました。

警察当局が、現場近くで事件後に逃走した男を逮捕し、男はドイツに難民申請者として入国していた、と報じられています。

メルケル首相は、シリアなどからの難民に国境を開放し、これまでに100万人超を受け入れています。

これに対して、難民排斥を訴える新興の右派政党などが、反対し、この流れが加速される可能性があります。

ドイツでは、来年、総選挙があり、4選を懸けるメルケル首相にとって、危機感が募る事件といえます。

アメリカのトランプ次期大統領に加え、来年選挙が行われるドイツをはじめ、フランス、ベルギーなどでも、内向きの右派政党が勢力を伸ばしていて、今回のテロで、その懸念がさらに高まっていると感じます。

一方、トルコの首都アンカラで、19日夜(日本時間20日未明)、トルコ駐在のロシア大使が、警察官の男に銃で撃たれて、死亡しました。

男は、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」とアラビア語で、トルコ語で「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな。」と発表後に叫んでいて、シリア内線が動機と見て調べている、ということです。

独裁者ともいわれるアサド大統領を支援するロシアがシリア情勢の主導権をほぼ手中に収め、反体制派を支えてきたトルコがロシアに歩み寄り始めた中での射殺事件です。

アレッポ制圧を実現させたロシアは、今後は立てこもる反体制派を包囲するため、隣接するトルコの協力を必要としています。

両国の思惑が錯綜する中での大使射殺事件、犯人の男の背後関係は、まだ不明確で、平和に向けた動きに水をささないよう願っています。

あわせて読みたい

「トルコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。