記事

ドイツでテロ、トルコで大使射殺

19日午後8時(日本時間20日午前4時)頃、ドイツのベルリン中心部で、大型トラックが、買い物客でにぎわうクリスマス市(いち)に突っ込み、少なくとも12人が死亡し、49人が重軽症を負いました。

警察当局が、現場近くで事件後に逃走した男を逮捕し、男はドイツに難民申請者として入国していた、と報じられています。

メルケル首相は、シリアなどからの難民に国境を開放し、これまでに100万人超を受け入れています。

これに対して、難民排斥を訴える新興の右派政党などが、反対し、この流れが加速される可能性があります。

ドイツでは、来年、総選挙があり、4選を懸けるメルケル首相にとって、危機感が募る事件といえます。

アメリカのトランプ次期大統領に加え、来年選挙が行われるドイツをはじめ、フランス、ベルギーなどでも、内向きの右派政党が勢力を伸ばしていて、今回のテロで、その懸念がさらに高まっていると感じます。

一方、トルコの首都アンカラで、19日夜(日本時間20日未明)、トルコ駐在のロシア大使が、警察官の男に銃で撃たれて、死亡しました。

男は、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」とアラビア語で、トルコ語で「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな。」と発表後に叫んでいて、シリア内線が動機と見て調べている、ということです。

独裁者ともいわれるアサド大統領を支援するロシアがシリア情勢の主導権をほぼ手中に収め、反体制派を支えてきたトルコがロシアに歩み寄り始めた中での射殺事件です。

アレッポ制圧を実現させたロシアは、今後は立てこもる反体制派を包囲するため、隣接するトルコの協力を必要としています。

両国の思惑が錯綜する中での大使射殺事件、犯人の男の背後関係は、まだ不明確で、平和に向けた動きに水をささないよう願っています。

あわせて読みたい

「トルコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  7. 7

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。