記事

『砂の塔〜知りすぎた隣人』は結末に近づくほど残念なドラマ

せやまゆきえ[ライター]

***

菅野美穂の産後初主演、岩田剛典出演となれば期待を抱き初回放送を迎えた主婦の視聴者は多かったであろうTBSドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』。しかし、最終回を迎え、その結末は・・・といえば実に残念。

ママカースト、虐待問題、不倫。主婦が観たくなる要素を揃えている。それにサスペンスまで詰め込んだ、主婦の視聴者には理想的なラインナップ。

しかし、その内容には期待外れを感じた人は多いのではないか。ママ同士のバトルも味気ない。もっとドロドロでいいのに・・・と視聴者に余計な心配までさせる。もちろん、虐待などの社会問題にも斬り込まない。

主婦が体操教室の先生と? などと期待させる設定なのに関係は深まらず不倫には至らない。なぜブレーキ! なんだこれは! 全てが中途半端で誰にも感情移入出来ないではないか。

【参考】ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の裏切られた設定に期待

ラストに向かいサスペンス要素が強くなり「犯人は誰?」とハラハラしたものの・・・。まさかの岩田剛典演じる生方。前半から犯人を匂わせシリアスな演技をしていた松嶋菜々子はなんだったのか。

これではただの変わり者ではないか! と筆者は思わず一人で突っ込んでしまった。

主婦は知っている。サスペンスには布石が必要なのだと。犯人が判った瞬間に全てが繋がる「爽快感」・・・本作にはこれがない。どこにもない。

何より、主婦は岩田剛典が犯人であることを求めてはいないのだ。せめてこのドラマに岩田の胸キュンシーンがもっとあったなら、視ている主婦も救われたかもしれないのに。

高い期待は脆くも崩れ落ちた『砂の塔〜知りすぎた隣人』。まさに「砂の塔」である。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  4. 4

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  5. 5

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  6. 6

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  7. 7

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  8. 8

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。