記事

ベルリンテロが明らかにしたドイツの弱体化

再びヒトラーが登場する可能性

 12月19日にドイツの首都ベルリンのクリスマス市にトラックが突入し、12人が死亡しました。メルケル首相はこの事件を「テロ行為」と判断し、犯人の行方を追っています。20日にはイスラム国(IS)が「(ISの)戦士の一人が攻撃を実行した」と主張し、事実上の犯行声明を出しました(12月21日付日経新聞)。彼らが直接指示を出していたかどうかはわかりませんが、実行犯がISの思想から影響を受けていた可能性は十分あると思います。
 
 これまでもヨーロッパではフランスで同時多発テロが起こるなど、極めて不安定な情勢にありました。ドイツでも7月にアフガニスタン人の少年が列車の乗客を斧やナイフで襲う事件などが起こっていますが、それでもフランスほどのテロが起きなかったのは国力が大きかったからだと思います。

 しかし、今回の事件により、EU最強の国・ドイツでさえ国力が弱体化していることが明らかになりました。ドイツはこれ以上、移民や難民に対して寛容な姿勢をとり続けることはできないと思います。これまで寛容な対応を続けてきた分、その反動も大きくなる恐れがあります。

 ヨーロッパはアメリカよりもずっと差別的で、守旧的です。そのアメリカですらトランプ氏のような人物が出てきたのだから、ドイツで再びヒトラーのような人間が登場する可能性も決してゼロとは言い切れません。これまでは「再びヒトラーが登場する」などと言うと、冗談のように受け止められていましたが、もはや冗談では済まないでしょう。我々はその可能性を念頭に置きつつ、今後の国際情勢を見ていく必要があります。

 ここでは、弊誌2016年1月号に掲載した、作家の佐藤優氏と哲学者の山崎行太郎氏の対談を紹介したいと思います。

フランスで再びテロが起きる

―― フランスで立て続けにテロが起きてしまったわけですが、なぜドイツやイギリスではなくフランスで起きたのでしょうか。

佐藤 私は、現在の状況はミシェル・ウエルベックの『服従』を読まないと理解できないと考えています。一言で言えば、フランスの脆弱性です。

 『服従』という小説は、2022年のフランス大統領選挙でイスラム政権が誕生するという物語です。ここにはイスラム恐怖症を煽っているという側面と同時に、イスラムへの憧れもあります。イスラム社会になれば一夫多妻制になり、20歳くらいの第二婦人を持つことができ、中東から潤沢な資金も入ってくる。また、イスラム社会では家族や家庭という価値観が大切にされ、男が女を支配することができる。ヨーロッパにはこうした価値観に対する憧れがあります。

 それから、1月7日のシャルリー・エブド事件の際には、フランスでは、パリだけでも370万人もの人々によるデモが起きましたが、今回はそのようなデモが起きていません。オランド大統領は今回のテロについて、「必ず復讐する」といった過剰な言葉を使っていますが、前回はそのような言葉は使っていませんよね。

 要するに、過剰な言葉を使わなければ国民を鼓舞することができないような状況になっているということです。フランスの中では「もうテロに巻き込まれるのは嫌だ」、「中東から手を引いた方がいいのではないか」といった声なき声が強くなっているんだと思います。

山崎 オランドは政治家だから、そのような大衆の集合的無意識を何となく感じているということですね。

佐藤 そうです。こういった声は新聞にも表れないし、世論調査にも表れません。世論調査は建前でしか答えませんから。しかし、『服従』がベストセラーになったことで、フランスの脆弱性が可視化されてしまった。とすれば、フランスでまたテロが起きる可能性もありますよ。先程も言ったように、革命は帝国主義の鎖の「弱い環」で起きるわけですが、その弱い環がフランスだということです。

山崎 場合によっては、フランスはテロ対策として何か過激なことをするかもしれませんね。フランス革命の時はギロチンで次々と首を刎ねていましたから、フランスが実際にやることはかなり過激ですよね。

佐藤 今回の一連の事件が人種主義と結びつく可能性もありますね。とすると、日本人も有色人種ですから、再び黄禍論について真面目に考えないといけなくなるかもしれません。もともとヨーロッパはアメリカと比べてずっと差別的だし、守旧的です。ヨーロッパが自由や民主主義という価値観を共有しているというのは幻想だった、あるいは一時的なことだったのかもしれない。何かヨーロッパの開けてはいけない蓋が開いている、地獄の窯の蓋がかなり開いている感じがします。

山崎 近代ヨーロッパという一つの幻想が崩れそうになっていて、そのために近代以前の価値観が露骨に表れ始めているということですね。

佐藤 そう思います。だから今後の国際情勢を読み解く上では、ポスト・モダンの知識だけではなく、プレ・モダンの知識も物凄く重要になってくると思います。

山崎 戦後の日本では哲学が失墜し、社会学や社会科学の全盛の時代になりました。しかし、現在露出している問題は、社会学や社会科学では読み解くことができない根源的な問題です。今こそ過激な哲学的思考が必要とされているのだと思います。

なお、ウェブサービスnoteにご登録いただくと、この対談の全文を無料で読むことができます。noteの登録は無料です。是非お試しください。(YN)
リンク先を見る

2013年1月  

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  9. 9

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。