記事

6割の人が「忘年会の参加強要はパワハラ」と感じていることが判明!「参加不参加の自由を認める」ことが大切

今年も残すところあと10日あまりとなり、忘年会を行う会社も多いだろう。楽しみにする人がいる一方で、本当は行きたくないのに断りにくい空気に負け、しぶしぶ参加する人もいる。

日本法規情報は「忘年会の参加強要はパワハラにあたるのか」という調査を実施し、12月20日に結果を発表した。

それによると約6割の人が「忘年会の参加強要はパワハラや嫌がらせ」と感じており、その理由について「本人の参加意思は自由だから」と回答していることが明らかになった。

4割が忘年会への「参加強要」を経験

調査は11月30日~12月12日に行い、887人から回答を得た。

「職場や学校などで忘年会に参加することを強要されたことはありますか」という質問に対して「ある」と回答した人は41%にのぼった。

続いて「忘年会の参加強要はパワハラや嫌がらせにあたると思いますか」という質問に対しては、64%が「パワハラにあたると思う」と回答。半数以上の人は問題だと思っているようだ。

その理由を聞くと、1位が「本人の参加意思は自由だから」(76%)。2位には「参加しないことにより理不尽な扱いを受けるから」(11%)が挙がるが、忘年会への不参加を理由に不当な扱いをするのは、パワハラになりかねない。

「パワハラに当てはめるのは過剰すぎる」という指摘も

一方、参加強要がパワハラに当たらないと思う理由としては1位が「コミュニケーションを取る機会として重要だから」(37%)、3位は「仕事の延長線上として大切だと思うから」(17%)となっている。職場でのコミュニケーションを補足する、いわゆる「飲みニケーション」の場として必要、ということのようだ。

一方で、「パワハラなどにあてはめることが過剰すぎると思うから」(32%)という意見も一定数あった。

「忘年会をすることについてどう思うか?」という質問に対しては、1位が「参加の自由があればいい」(40%)、2位が「親睦を深めるためには必要」(23%)、3位が「開催されれば参加する程度」(15%)などの回答が挙がっていた。

調査結果を見ると、当然のことながら忘年会そのものが嫌いなのではなく、個人の意思を無視して参加を強要されることに不快感を抱いていることがわかる。上司としては、「忘年会に参加して当たり前」と高圧的になるのでなく、「参加するかしないかは自由だ」、という柔軟な態度を取ることが求められそうだ。さもないと、パワハラ認定されてしまうかもしれない。

あわせて読みたい:20代男性の4割が「お酒NG」状態

あわせて読みたい

「忘年会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  9. 9

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。