記事
  • ヒロ
  • 2016年12月21日 10:00

再び忍び寄るテロ事件の考察

ドイツとトルコで悲惨なテロ事件が同じ頃に起こりました。一つはクリスマスの込み合う市にトレーラーが突っ込み、10数名の死亡者を出したベルリン。もう一つは駐トルコのロシア大使が講演中にテロリストの弾丸に倒れるという衝撃的映像でした。

犯行の組織的背景についてはISの犯行声明が出ているようですが、直接指示をするというより、組織の意図を汲んだ比較的個人レベルでのテロ行為でしょうか?組織が完全に掌握しなくても方向性だけをコントロールし、世界中に散るそれらテロリストが虎視眈々とそのチャンスをうかがっています。それこそ外交官から一般人が集まるところまであらゆるものがターゲットです。フランスのニースでは今年7月にトラックが人をはねながら爆走する事件もありました。

かつてのテロはウサーマ ビン ラ−ディンのように組織だった動きをしていました。犯行後、声明が発表され、組織力を誇示するものでした。ところが、イスラム過激派もさまざまな派閥に分裂する中、組織が目立ちすぎることから策士をバラバラに各地に配置することで世の中をかく乱させようとする動きがより強まってきたようです。クリスマスが近づき多くの人々はすっかり和みのムードに入る中、このような事件がいつどこで再発するかわからない恐怖はたまったものではありません。

このテロリストたちの思想について考えてみます。

テロの語源は1793年のフランス革命で起きた革命派と反革命派の争いの中から生まれた言葉とされます。特定の政治思想目的を暴力や威嚇によって達成することですが、政治目的の達成はかつては集団行動が主体でありました。

ところが最近では、組織に共鳴する単独犯が一定の使命を成し得るために非合法行為に走るケースが増えたように思えます。アメリカ、フロリダのナイトクラブで6月に起きた自動小銃乱射事件も同性愛への反逆でしたし、2013年のボストンマラソンテロ事件は組織的関連性がない単独犯的テロ事件でありました。

私の懸念はこのテロの定義を政治目的とせず、より個人の思想に近いものと捉えるとより広範な事例が当てはまることでしょうか?今年の7月に起きた相模原障害者施設殺傷事件では事件史に残る19人殺害を企てましたが、捕まった犯人がニヤついていたのは皆様のご記憶にもあるでしょう。これなど恨みつらみが犯行原因とされますが、逆恨みに端を発した事件は日本でも星の数ほど存在します。

これとテロを結びつけるのは強引だ、と言われるかもしれませんが、私が案じているのは人が案外簡単に「キレる」精神状態になり、殺傷をいとわない興奮状態にいとも簡単に陥ってしまう弱さが露呈しているような気がするのです。

「キレる」引き金は政治的思想背景であったり、個人的恨みであるかもしれません。問題はなぜキレやすいのか、であります。先日も駅のホームで若者が見ず知らずの女性の背中を押して突き落とし、間一髪で助かった事件がありました。それこそ、これも同じ範疇でありましょう。無差別に自分の考えやむしゃくしゃする気持ちや個人的憂さ晴らしから行動に走ってしまうのです。

ではなぜそういう人が目立つようになったのか、ですが、一つに疎外感があるのではないかと思います。自分一人の世界に入り込み、妄想してしまう人が増えたのは社会が人々を「仕訳」しているからかもしれません。社会生活適応性から宗教、出身国、身分などの仕訳であります。そして、外れた人は徹底して疎外され、その人自身も症状がどんどん悪化するように思えます。

例えばあなたが仕事をしていたとします。あなたの仕事には必ず一定の評価がついて回ります。あなたが出来なければ上司や先輩は冷たくあしらいます。なぜか、といえばかつてはアメーバー経営のようにグループ単位だったものが効率化を求めた結果、より個人プレイになりつつあるからでしょう。言い換えればアメーバーができるほど組織の人がいないのです。いまや大きな工場でも数える程の人数で廻すほど機械化が進みます。個人に与えられた任務は重いものが多いのです。そのために出来る人とできない人は区別されるようになっていないでしょうか?

かつてはここまで殺伐としていませんでした。私には個人主義がより進んだのが一因だろうと思います。自分の考えをシェアすることはあまりなくなりました。表層的な物質のシェアは進みますが、心の中は開かない現代社会の病とも言えるのではないでしょうか?

私にとっては市に突っ込むトラック犯もホームに突き落とす男も程度の差はあれど現代の重い病を患っているとしか思えません。治療法は何処かにあるのでしょうか?

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。