記事

偽ニュースを意図的にシェアした人14%も

米大統領選でのトランプ氏勝利の一助になったのではないかとの疑念から、未だに米国メディアを賑わしている政治関連のfake news(偽ニュース)問題。

ネットで発信される偽ニュースは、広範囲に広がらねば影響力を持たないし、話題になりません。それを可能にするのが、クリック一つで簡単に拡散できる巨大なソーシャルメディアの存在です。

そこで矢面に立たされたFacrbookは先週、デマ検証サイトのSnopesなどと提携して、偽ニュースの排除と拡散防止に乗り出すことを表明しました。

ところが、厄介な問題が残っていることが、Facebookの方針が出たのと同時期に公表されたPew Research Centerの世論調査で明らかになりました。「偽ニュースと分かっていてシェア、拡散した」という人が14%もいるのです。

画像を見る

グラフ最上段の16%というのは、偽の政治ニュースをシェアしたが、その時は、本当だと思っていたという人の割合。2つ目の14%は、偽の政治ニュースだと分かっていてシェアした人の割合です。

で、下段の23%と上記の16+14=30%と平仄が合いませんが、これは、偽ニュースと知らずにシェアしたり、分かっていてシェアという両方の経験のある人が7%いたからです。さらに、全く知らずにシェアが9%で、常に偽と知っててシェアという”確信犯”が7%という内訳です。

では、なぜ、偽ニュースと分かっていて拡散させるのか?調査の質問票を見ると、、それについては聞いていませんが、Pewの見解として「デマ情報を広げたいと欲したから」「偽記事だと非難するため」「楽しむ値打ちがあると思ったから」などを列記しています。

そして、全体的に見て、こうした偽ニュースについて「今、起きている問題についての基本的事実でどのくらいアメリカ人を混乱させると思うか?」という問いには、64%が「とても混乱を起こす」とし、「ある程度」が24%で、合わせて9割近くが不安に思っていることも示されました。

画像を見る

米国の人口は3億2千万人。内、調査対象となった18歳以上の成人は2億人を軽く超えるでしょうから、上記の”確信犯”が7%もいるということは、1500万人以上に達するという計算です。

偽ニュースは一般人の関心を引きやすい内容に仕立て、アクセスを稼ぎ、広告収入を稼ぐビジネスとして成立させている人も少なくないようで、海外からの発信もあります。(例えばこれ

偽ニュース発信元の一網打尽も考えにくい中、Facebookなどのソーシャルメディアの対策がどんな効果を上げるのか。これからも、この話題は続きそうです。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。