記事

副業って、バンドのボーカルのソロ活動みたいなものなんだよね

画像を見る

先日、Yahoo!個人で書いたこの記事の続きの話をしよう。いや、同じ話とも言う。
副業意識高い系をひっぱたきたい 副業歴10年のイケメン中年が語る副業解禁の落とし穴 (常見陽平) - Y!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsunemiyohei/20161029-00063857/

個人的な想いの共有。

何かモヤモヤする。副業をめぐる議論だ。もう10年副業生活を続けているし、周りにもそういう人が増えているのだが。これに関する議論は、メディアがする問題提起にしろ、政策にしろ、企業の人事制度にしろ、何かこう周回遅れな気がする。収入を補うだけでなく、キャリア形成支援、能力開発、人脈の構築、オープンイノベーションの実現などが可能だ・・・。総論では誰でもこういうことを言うのだけど、もう副業を始めている人はとっくに動いているし。

先日の日経の社説も、総論すぎてどうコメントしていいのか分からなかった。

支障なく副業ができる環境整備を丁寧に  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10630230U6A211C1EA1000/

常々思うのだけど、個人にとっての「副業」と、企業の「副業制度」は違っていて。会社として制度化する際には、KPIが必要なわけで。どういう数値目標を設定して運営するかが問われるだろう。それこそ、「オープンイノベーション」だの「多様な人脈構築」だのと言うのなら、それをちゃんと測定するのだよね、という。これにより個人がちゃんと儲かったか、企業が損をしなかったのかも考慮するべき指標だ。

思うに、「副業制度」と言いつつ、実は「優秀な社員をつなぎとめておくため」と「ブランディング」という目的がもっとも大きく。それを、もっともらしい説明をつけて語るなと言いたくなる瞬間がある。かなりのぶっちゃけ話だが、「副業制度」になった瞬間、会社がコントロールできるようになるわけで。副業のダイナミクスが失われないかと危惧したりもする。

もちろん、個人としても仕事の管理、健康の管理は大事なわけで。さらには、副業をして、しかも会社をやめないで、ちゃんと得をしているかという視点を持たなくてはならない。いつの間にか、何をしている人なのかよくわからない状態になっているのが、私というサンプルである。

様々なスタイルの副業があるけれど、個人的には理想の副業スタイルの一つは、「バンドのボーカルのソロ活動、芸能活動」的なものなのだと思う。バンドで消化しきれないことをそこでやる、と。一応、今までの能力、スキルは活きる、と。ドラマやCMにも出る、と。さらには、独立した時にやっていけるかどうかという予行演習もできる、と。



こんな本を出したな、約4年前に。この頃とあまり考えは変わっていないと思う。結局、その後、私は所属をすることにし。所属の良さもまたある。だから副業は面白いのだけど。

副業の話はまたどこかでゆっくりしたいな。副業の制度化を考えている企業の人事なんかと意見交換したいなあ。まあ、人と会うと疲れるので、まずは自分の頭の中で考えることにする。

あわせて読みたい

「副業解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  8. 8

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  9. 9

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  10. 10

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。