記事

「ステマ」疑惑の岩手放送 訂正後も残る5つの責任

1/2

先週木曜日(12月15日)に週刊新潮がスクープしたTBS系のローカル民放・岩手放送での「ステマ疑惑」。

攻める週刊新潮と守りの岩手放送という構図がその後、明確になっている。

新潮側は、同社記事のネット版である「デイリー新潮」でも記事を配信。

番組を視聴していない人にはややわかりにくいこの問題を告発していく姿勢を貫いている。

問題になっているのは、昨年9月に東北5県で放送された「宮下・谷澤の東北すごい人探し旅~外国人の健康法教えちゃいます!?」なる番組のワンシーンである。

岩手県内在住の外国人に健康の秘訣を聞いて回るというこの企画で、温泉旅館を訪れた出演タレントたちが、唐突感ありありの“湯船につかって身体を温めないと免疫力が上がらない”との会話を展開。画面が切り替わり、順天堂大学免疫学講座の奥村康・特任教授が「温泉は免疫力を上げる」と解説、「忙しい現代社会でも手軽に免疫力を高める食べ物がある」とナレーションが続いたのち、「それがR-1と名前が付いている乳酸菌です」と教授が太鼓判を押す、というものだ。

約7分間にわたって放送されたこの“脱線”に、局外部の審議委員から〈あざとい〉〈視聴者をバカにしている〉などの批判が噴出。編成局長らは、番組内でR-1の情報が盛り込まれることを条件に明治が「料金」を出し、かつ「提供」社に明治の名は入れない「ノンクレジットタイアップ方式」を取った、と明かした。先の奥村教授は「明治から寄付を受けて大学に講座を開設している。言わば、“利害関係者”」(経済誌記者)で、明治とIBCはステルスマーケティングを行った形。

出典:デイリー新潮

要約すると週刊新潮の記事は以下のようになる。

「明治」の「R-1ヨーグルト」という製品を事実上宣伝する内容を含んだ番組を放送したことで岩手放送の番組審議会でも批判が続出した。番組審議会での外部委員(地元の大学教員や新聞社幹部など)からの質問に対して、週刊新潮は岩手放送側が説明した番組審議会の議事録を入手して記事にした、という内容だった。

岩手放送は番組審議会の内容をどの程度、視聴者に公開していたのだろうか?

岩手放送の公式ホームページには、番組審議会の議事について、ごく大雑把な内容のみ報告している。

第605回番組審議会について

2015年11月18日(水)開催

議題:『宮下・谷澤の東北すごい人探し旅~外国人の健康法教えちゃいます!?』

出典:岩手放送ホームページ

には「委員の主な発言」としてわずか1ページにごく簡単に掲載されている。

「番組内で医者のコメントがあるが、明らかに特定の商品を想起させる。 スポンサー名が出ていないが番組か広告なのか紛らわしく、視聴者に誤解を与える ようなことは避けるべき」

「健康法の 取り上げ方、医者の話は通販番組の一部のようだった」

「特定の商品を紹介する ような内容ならスポンサー名を明示すべきではないか」

掲載されているのは委員の発言だけで、これを受けて岩手放送という会社が今後どう対応しようというのか、さっぱりわからない。

週刊新潮が詳しい議事録の内容を報道したのに比べると、公開された情報だけを読んでも、審議会でどんなやりとりがあったのかわからない状況なのだ。  

しかも岩手放送の弁明や会社としてのスタンスが不明確だ。

こうした不十分な情報公開でも、岩手放送は視聴者には十分だという姿勢なのだろうか?

ところで週刊新潮の発売の前日の12月14日、岩手放送は自社のホームページで今回の報道に関連して「弁明」する文章を掲載している。

●議事録の内容には下記の事実誤認とそれに基づく発言が認められました。

番組の制作について

弊社の独立した編成権、制作権に基づいて制作しております。(株)明治には素材の提供のみをお願いしたものです。

(事実誤認による具体的な発言例)「主に東京のセールス部門と、大手広告会社と提供の宣伝担当の方とコミュニケーションを取りながら番組が成り立っている構造があります」→研究成果の提供を受けた事実はありますが、宣伝担当の方が番組制作にかかわった事実はありません。

研究成果と商品の混同について

当該番組につきまして、弊社社員より「特定商品の効能訴求を意図した」旨の発言がありましたが、これは弊社社員の誤解による発言でした。番組内には商品を紹介するくだりは全くありません。

(事実誤認による具体的な発言例)「R-1乳酸菌の扱いについては、ノンクレジットタイアップという方式です。」「それはまさにインフォマーシャル、単純に商品だけでなく商品に付随する情報も伝えたい。」→この番組はタイアップにより制作されたものではなく、したがってクレジットが入ることはありません。また、この番組は情報番組であり乳酸菌の研究成果を紹介したものでインフォマーシャルとは異なるものです。

※他の発言につきましても精査し適正に対応してまいります

●制作の担い手として

本審議会で取り上げられた番組につきましては、番組全体の粗さが審議会委員より強く指摘され審議対象となりました。今後は放送局として更に責任を強く持って番組制作に臨んでまいります。

出典:岩手放送ホームページ

わかりにくい文章だが、要約すれば「タイアップではない」し、「インフォマーシャルとは異なる」という内容だ。

番組は岩手放送が「独立した編成権、制作権に基づいて制作」したもので「明治」という会社は番組制作にはまったく関係ないし、「研究成果の提供を受けただけ」だという主張のようである。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。