記事

ウーモを探せ:親たちのプレゼント狂騒曲

By KATHY CHU

【香港】米カリフォルニア州在住のバイオ技術研究者アルマ・アコスタさんは、4歳の娘から今年のクリスマスプレゼントに「ハッチマル」(日本での商品名は「うまれて!ウーモ」)が欲しいとねだられた。しかし、多くの子煩悩な親が経験する悪夢に直面した。どの店でもどのウェブサイトでも売り切れだったのだ。

 困ったアコスタさんは世界中を探した。ハッチマルを求めてニューヨークに住む身内と韓国の友人に連絡を取った。最終的には、香港にいる義理の姉が1つ見つけてくれた。

 ハッチマルは鳥のような形をしたペット型玩具で、卵の殻を破って生まれてくる。育てるとしゃべったり動いたりするようになる。

 血眼になってハッチマルを探す親たちは、全米各地のウォルマートやターゲットの店舗に新たな入荷があるたびに、夜明け前から長い列を作る。両社は入荷量が増え始めているとしているが、イーベイに出品された製品に小売価格(59.99ドル=約7000円)の何倍もの金額をはたく親もいる。

 一方、そうした予算オーバーを避けるため、ソーシャルメディアを使う親もいる。

 10月の発売以降フェイスブックに登場した「ハッチマル愛好者」「ハッチマル支援団体」といったグループには、目撃情報や品不足への同情の声、「売ります」情報が寄せられている。

 ハッチマルを手掛けるカナダの玩具メーカー大手スピンマスターは、米国などでの需要を満たすため、中国の工場からは船便ではなく空輸で各地に送り届けている。しかし、年末休暇シーズン前に需要に追いつくことはできないという。

 ハッチマル狂想曲は米国やカナダ、英国で最も速く広まった。そうした国で売り切れた数週間後でも、香港や日本、スカンジナビア諸国などではハッチマルを見つけることができていた。

 冒頭のアコスタさんのためにハッチマルを購入したリキエル・デグズマンさんは、世界の別の場所で売られているのなら、インターネットとフェイスブックを使って誰かに買ってもらうことができると述べた。

 おもちゃを巡るこうした騒動は新しい現象ではない。親たちが「キャベッジパッチ・キッド」(キャベツ畑人形)や「ティックルミー・エルモ」(くすぐりエルモ)を買うために、町じゅうをさまよったり、何時間も列に並んだり、乱闘騒ぎまで起こした数週間後に、大幅に値引きされた製品が店頭にあふれたこともある。最近ではソーシャルメディアやユーチューブなどの動画共有サイトが、熱狂を拡散させている。

 ハッチマルの売り上げはNPDグループが調査を行っている11カ国のすべてで、発売の数週間以内に玩具売り上げのトップ10に入った。その後ランキングから落ちたが、これは多くの場所で売り切れたためだとNPDのアナリストは述べた。

 ハッチマル探しは、オーストラリアのシドニーから北に300キロ以上離れたポートマッコーリーにも到達している。地元の玩具店トイワールド・ポートマッコーリーのオーナーによると、この店には米国や欧州からを含め、1日に約80~100件の照会がある。

 このオーナーは、需要が旺盛なため電話での注文などには応じないことをフェイスブックのページに掲載した。

 一方、スピンマスターの幹部によると、ハッチマルを手に入れるため、米バージニア州の近くから15時間運転して来た人もいたという。

あわせて読みたい

「タカラトミー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。