記事

J.K.ガルブレイスの「マネー・その歴史と展開」。

1/2
ドル売りが強まって終わった2010年。テクニカル的に見るドル指数は一目均衡表の雲の上限まで下落しているので、2011年は、これからドルが買われていくのか?あるいは売られやすくなるのか?その分岐点から始まることになります。

リンク先を見る




画像を見るドル買いへのためらいは、そのままドル円のレートにも反映しており、日本の新年は一瞬ですが80円台をつけて始まりました。

ファンダメンタル的にいえば、2011年のアメリカ経済が強く回復してゆくなら円安に向かいやすく、逆に雇用や住宅をめぐる指標が期待を裏切るようであれば、円が史上最高値の更新へ向かってしまう可能性が高いといえます。

リンク先を見る私たちの生活に大きな影響を与えているドル。そのドルとは、そもそもどんなお金なのか?進む円高のチャートを見ながら、高校生のころに買って、そのままになっていたガルブレイスの『マネー・その歴史と展開』を読んでみました。16歳のときには金融やアメリカ史についての自分の知識が乏しくて、とても読み通すことができませんでしたが、いまなら面白く読むことができます。ドルとfedの歴史について、これ以上の著作は無いと思うほどですが、残念ながら既に絶版になっているようです。

商業銀行の歴史がイタリアで始まり、中央銀行の歴史がイギリスで始まったとするならば、政府によって発行される紙幣の歴史は、疑いもなくアメリカで始まったと言うべきであろう。(76ページ)


アメリカは、税金を払いたくない人たちが創った国。その政府には、お金が無かった。で、やむなく紙幣を刷ることで動かしていったんですね。だから建国の当時は、激しいインフレだった。金や銀でできたコインこそが価値のある純正のお金であり、紙切れのドルなど怪しいお金である…という価値観はその後も長く支配的であったけれど、それでも軍隊を維持し、税金を集め、広がりゆく中西部の経済をまわしてゆくためにも、ドルは必要悪のように認められてゆく。

いまはバーナンキ議長の政策をめぐって「そんなに札を刷って大丈夫なのか?」という声が出ている場面ですが、そもそもドルというお金が生まれ落ちた時代から同じような論議が繰り返されてきたところに宿命めいたものを感じます。

日本銀行ができたのは1882年で、米国に連邦準備制度ができたのは1913年。なぜアメリカで中央銀行の設立が遅れたかといえば、それは中央の政府というものに疑いをもつ人たちによる根強い反対があったから。それぞれの州に、それぞれの法があり、銀行も各地にバラバラに生まれて、それぞれが銀行券を発行する歴史があったから、信用不安に対処する中央銀行も、それぞれの地区の信用を守る地区連銀という形にならざるを得なかった。ここが、いわば王様たちのお財布として中央銀行の原型が育っていった欧州との違い。

現代でもティー・パーティが「建国の精神に戻れ!」とコスプレをしながら反ワシントンを叫んでいますが、やはりアメリカは最初からひとつのまとまりだったわけではなく、南北戦争のような激しい内戦やお金をめぐる数々の葛藤を繰り返しながら現代まで歩んできたことが解ります。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。