記事

読まれなかった原稿

1/5

今日の本会議でIR法が可決されました。その過程で、野党共同提案のかたちで内閣委員長解任決議案の提出を行いました。内閣委員会野党筆頭である私が、その趣旨弁明を仰せつかっていました。

 

 他方、この決議案については、結局本会議で取り上げられませんでした。与党が反対したからです。なので、私の出番もありませんでした。

 

 この手の決議の趣旨弁明というのは、時間無制限である事が通例であるため、それなりに気合を入れて準備をしました。と言っても、これまでのブログ記事を繋ぎあわせて整えた部分が大半です。

 

 表現は本会議での発言ですので、そういうスタイルになっています。少し表現を意図的にキツくした所もあります。ただ、ここに経緯と(私が見た)問題点が凝縮されています。私は「反対のための反対」をしていません。

 

 時間無制限を想定しているので長いですが(本当はもっと長かったのです。)、折角書いた原稿をポシャらせるのももったいないのでここに掲載します。

 

≪趣旨弁明発言案≫

民進党の緒方林太郎です。

 

私は、民進党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました内閣委員長秋元司君解任決議案について、提案の趣旨を説明いたします。

 

「主文
本院は、内閣委員長秋元司君を解任する。」

 

以上であります。以下、その理由を申し述べます。

 

【経緯】
まず、冒頭、内閣委員会理事として、今国会における内閣委員会の審議について申し上げます。今国会は9月26日に始まり、予算委等を終えた後、10月14日の第1回の内閣委員会で閣僚の所信+人事院勧告の報告を受けました。そして、10月19日の第2回、10月21日の第3回の委員会で閣僚所信に対する質疑をしています。内閣委員会は所管の大臣が多い中、TPP審議等と並行する中、日程協議等に我々としても真摯に応じ、9時間の所信質疑時間を2日で終えております。

 

その後、10月26日の第4回には、前国会提出の宇宙関係2法の審議をしました。鶴保大臣出席の上で、民間事業者のロケット打ち上げに関する体制整備、リモートセンシング記録の規制に関して議論を深め、我が方も賛成の上可決しています。

 

また、10月28日には第5回には一般質疑をやった上で、国家公務員給与法の趣旨説明を山本大臣から受けました。その後、11月2日の第6回には国家公務員給与法を我が方も賛成の上可決しています。

 

ここから、暫く委員会は開かれていません。しかし、これはTPP採決、年金法案をめぐって国会が不正常化した事が大きな要因です。しかも、この間、我々は与党から非常に要望の強かった、議員立法である官民データ利活用法案の党内討議をきちんとしたかたちで進めました。与党では平井卓也筆頭理事、福田峰之理事、我が方も議連の原口一博議員、高井崇志議員が中心となって進めてきた法律であり、今後、地方自治体等でのビッグデータの活用を促すものです。最終的に全会一致とはなりませんでしたが、それでも委員長提案とする事に現場の理事としてしっかりと汗をかいてきたとの自負があります。

 

また、同時に、参議院では与野党共に頑張ってきた「ストーカー規制法改正案」も、参議院先議で議論されていました。これまでのストーカー規制法では対応が不十分である部分を、議員間でしっかりと討議した上で新しい規制を盛り込み、参議院で委員長提案とすることが出来たことは、衆議院議員としても非常に喜んでいた事でした。

 

国会では不文律として「議員立法は与野党の見解が整ったものから優先的にやっていく。」ということになっており、このようなかたちで、官民データ利活用法案、ストーカー規制法改正案といった与野党合意が成立する可能性が高いものを優先するのは当然の運びです。

 

また、我々としては、もう一つ与野党が意見を一致させることが出来そうな法案がありました。「政治分野における男女共同参画法」、いわゆる「クォータ法」です。我々野党は一致して、前国会、法案を提出いたしました。与党や日本維新の会の中でも議論が進んでいると承知しておりましたが、結果として、提出が12月9日となり、時間を確保できなかった事は残念でなりません。

 

そういう背景の中、我が方もきちんと党内調整が終わり、国会が正常化していた11月25日の第7回に「官民データ利活用法案」を委員長提案というかたちで採決しました。

 

このような中、我々としては、一般質疑を一回挟んで、参議院で委員長提案として可決された「ストーカー規制法改正案」を審議しようと考えておりました。しかし、突如、11月29日の本会議の途中に理事懇談会の申し入れがありました。内容は「明日(11/30)、ストーカー規制法改正案の採決をした上でIR法の審議に入りたい。」という事でした。普通は理事懇談会の要請は2日前、理事懇談会は前日開催で委員会立てという事でやってきております。あまりに性急な動きです。夕刻から理事懇談会を開催し、委員会立てを決める場合、質問を検討するのが非常に遅くなる事は言うまでもありません。提出は夜遅くになってしまいます。したがって、私から「あまりに性急な動きであり、受けられない。」とお答えしております。先日、自民党の小野寺議員がTVの討論会において「野党理事は電話にも出ない。」と誹謗中傷しておりましたが、この内閣委員会においてそのような事例は基本的にありません。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。