記事

なんで好き好んで運転するんですか?

画像を見る

これだけ責任だとかなんだと騒がれる中で、都心に住んでいて、運転する理由ありますか?

ぼくはそれが前から疑問でした。

ハンドルをにぎるということは責任を持つことです。誰の責任だ、誰を叩けばいいんだとこれだけ毎日騒ぎ立てる世の中。ハンドルを握るなんて、怖くないですか。

ぼくなんか免許はもっていますが、絶対に運転しなければならない状況に追い込まれないかぎりしません。羽交い締めされたって運転しません。羽交い締めされたらそもそも運転できませんが。

運転が許されるのはシンプルにいって以下の2種類しかいませんよ。

■仕事で運転している人

■どうしても運転しなければならない状況にある人

1つ目はわかりやすいですよね。責任と引き換えに賃金を貰っているひとですから。そもそも、お金が発生しないと運転しないよ、というのは誠に合理的です。

もうひとつも理解できます。マイカーがないと辛い地方も絶対にあるでしょう。

こうした人たちが車を使うのは何の問題もありません。

けれど、このご時世に純粋に「趣味:ドライブ」なんていってハンドルを握る人、ぼくは気がしれません。事故を起こしても大丈夫、責任はとるからというでしょうが、相手が死んでとれる責任なんてないんですよ。

もうみんな麻痺してるんだと思います。なぜか車に対しては判断が甘々です。本来ならばもっと「できるだけ運転したくないな~」「うわっ、今日運転かよ~」という雰囲気の方が正しいです。運転をもっと重く受け止めるべきで、そうなれば無駄な運転が減ります。

運転手を雇えるなら雇って、公共機関があるなら使って、それでいいじゃないですか。バス業界やタクシー業界、運転代行サービス業を潤してあげましょうよ。

いわゆる「若者の車離れ」の一因は「若者のリスク回避」だと思います。そしてぼくはそれを合理的で正しい判断だと思っています。

ぼくがこういうのは、ハンドルを握らなくてもいいほどの財力のある才人が、ハンドルを握ることでキャリアに汚点を残すのが、他人事ながら見ていて忍びないのです。運転なんて、できることならしなくていい。そんな世の中になってほしいものです。

あわせて読みたい

「若者論」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。