記事

行き詰った時に脳を解放する「sleeponit」の効用 - 茂木健一郎

茂木健一郎[脳科学者]

***

何か課題に取り組んでいて、なんだかこんがらがった感じになり、これ以上押してもなかなか前に進まない、という感触になることがある。そんなときは、無理に押さないで、離れるといい。一つの有効な方法は、眠ってしまうことである。ソファや椅子で、5分、10分の仮眠でもいい。

ほんとうに眠らなくても、目を閉じて、頭をからっぽにして、じっとしているだけでも良い。すると、脳のDefault Mode Networkが活性化して、さまざまな情報を整理してくれる。オフラインのプロセスが進行することで、もつれていた糸が、ほぐれていくのだ。

【参考】脳科学者が考える「To Do List」を使うべきではない理由

英語には「sleep on it」という表現がある。何かの問題について、一晩眠って考える、あるいは小休止をする、という意味である。つきつめすぎて脳が疲れるのを避ける、という意味だけでなく、以上に述べたような、無意識のプロセスに期待する、という意義を持つ。

漫画家にとって、ネームを描くのはいちばん創造的で、きつい作業だが、浦沢直樹さんはつまると、ソファの上で目を閉じて10分とか15分とか眠るという。すると、目が覚めた時にネームができているというのだ。まさに「sleep on it」の効用である。

眠るのが難しかったら、ちょっとオフィスを出て、外を5分くらい散歩するのでも良い。その時のコツは、頭を空っぽにして、今までの問題を考えないことである。意識の中では考えていない状態が、無意識の中では、かえって、その解決に取り組んでいる状態を意味する。つまりは、脳のモードを変えるのだ。

以上に述べた方法を実践する上で一番大切なのは、集中して取り組んでいて、もうこれ以上、と行き詰った状態を察知して、そこから脳をリリースすることを学ぶことである。

だらだらと、同じ課題に取り組んでいるのが一番良くない。集中とリラックスというメリハリが大切なのだ。

(本記事は、著者のTwitterを元にした編集・転載記事です)

あわせて読みたい

「ライフハック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  3. 3

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  4. 4

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  5. 5

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  6. 6

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  7. 7

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  10. 10

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。