記事

10代の飲酒や薬物使用、減少傾向続く=米国立衛生研究所

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米国で10代のアルコールや大麻、違法薬物などの使用が、2016年も引き続き減少したことが分かった。米国立衛生研究所(NIH)が13日、報告書を発表した。減少傾向は長期にわたり続いているという。

一方、高校の上級生の大麻使用に関しては、2015年とほぼ同じ水準にとどまった。過去1カ月以内に少なくとも1回は吸引や摂取をしたことがあるとの回答は22.5%、さらに6%は日常的に使用すると答えた。

喫煙に関しては、1日に半箱以上を吸う高校上級生の割合は1.8%。1991年は10.7%だった。

調査は、372校の公立・私立学校の4万5473人を対象に行われた。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  8. 8

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  9. 9

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

  10. 10

    現政府と旧日本軍は似ているのか

    長谷川一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。