記事

10代の飲酒や薬物使用、減少傾向続く=米国立衛生研究所

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米国で10代のアルコールや大麻、違法薬物などの使用が、2016年も引き続き減少したことが分かった。米国立衛生研究所(NIH)が13日、報告書を発表した。減少傾向は長期にわたり続いているという。

一方、高校の上級生の大麻使用に関しては、2015年とほぼ同じ水準にとどまった。過去1カ月以内に少なくとも1回は吸引や摂取をしたことがあるとの回答は22.5%、さらに6%は日常的に使用すると答えた。

喫煙に関しては、1日に半箱以上を吸う高校上級生の割合は1.8%。1991年は10.7%だった。

調査は、372校の公立・私立学校の4万5473人を対象に行われた。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  2. 2

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  4. 4

    ラグビーW杯「日本不利」予想か

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ZOZO売却でライザップ再建を想起

    大関暁夫

  6. 6

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  7. 7

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

  8. 8

    質問通告遅らす森議員は官僚の敵

    天木直人

  9. 9

    橋下氏 徴用工の個人請求権残る

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 安倍首相に期待残す

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。