記事

トイレ掃除のCMは、とりあえず「男の時代」なんだなあ。

年末が近づくと、掃除関連のCMが目立つ。

そして、フト気が付くと、トイレはことごとく男が洗っているような気がする。いや、少なくてもCMの上ではそうだ。

たとえば、大王製紙の「キレキラ」は昨年からバカリズムが掃除していて、今年も同じ路線だ。

また、ジョンソンのトイレスタンプクリーナーは、まず出てくるのは女性。トイレを見ながら「今日も掃除してくれたんだ」と言うと、男性が「してないよ」とつぶやく。「週1回のスタンプクリーナーでキレイ」という訴求だけど、どうやら夫がいつも気を遣っているという設定になっている。

そして、ふと気づいたんだが山下智久もトレイを掃除していた!LIXILのCMではアリの恰好でゴシゴシやっている。茶々をいれるキリギリスは、ピエール瀧だ。さすがに、洗剤で自宅の掃除をしてる設定ではない、このキャスティングが逆では全く面白くないだろう。

ネット上でザックリ調べると、こんな調査があって「トイレ掃除は奥さん(彼女)に任せている?」に、ハイと答えた人は31.2%で明らかに少数派になっている。

CMが、「男女役割を固定させるな」という声に気を遣ったというよりも、それがリアルな風景なんだろう。

もっとも、トイレの汚れについては男性が敏感になる面もあると思っていて、それは使用方法による。便座をあげて用を足すことが多いので自然と汚れに目が行くんじゃないだろうか?

と思ったんだけど、こちらの調査によると「”座ってする”派の男性は約6割」だという。(しかし、トイレのことで、掃除やら座り方やらこんなにいろいろ調査している国って他にあるんだろうか)

つまり、どう使うかとかに関係なく、トイレ掃除については「男の時代」になっているのだ。

広告などでは1970年代後半くらいから、つまり40年くらい「女の時代」と言うことになっていたけれど、トイレ掃除はちょっと違うようだ。

ちなみに、海外だとどうなのか。定番商品のLysol Toilet Bowl CleanerのCMなどを見ると、家族は出て来るけれど誰が掃除するかはわからないようなつくりだ。

そういえば、男性はトイレ掃除するのか?と思ってtoiletや cleaningとぁ husbandなどと英語で検索してたら、恐ろしいページがサジェストされてしまった。

何か疲れたので、とりあえずこの辺りの話は以上で。

あわせて読みたい

「トイレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。