記事

働く主婦の壁、配偶者控除「見直すべき」46.7% 「上限引き上げ」「夫婦控除」など意見さまざま

 働く主婦にはさまざまな壁がある。配偶者控除が適用される「103万円の壁」もその1つで、変更に肯定的な主婦が多かった。

 主婦には税金や社会保険の面でさまざまな壁があり、働く際の障害になっているケースが多い。その1つが「103万円の壁」だ。年収が103万円を超えると所得税が課税されるほか、配偶者控除の対象からも外れるためそう呼ばれている。住民税はその基準を市区町村が決めており、東京都23区の場合には、年収100万円以下はかからない。

 夫が加入する年金や健康保険の被扶養者でいるためには、年収が130万円を超えないように働かなければならないため、「130万円の壁」が存在する。勤務先の従業員数が501人以上、勤務期間が1年以上の見込みなどの条件を満たす一部の主婦は、毎月の給料が8万8,000円を超えると夫の扶養から外れるため「106万円の壁」になる。

 配偶者特別控除の範囲内で働きたいと考えている主婦には、「141万円の壁」がある。年収が103万円以下なら配偶者控除の対象だが、それを超えても141万円以下なら配偶者特別控除の対象になるため、そう呼ばれている。

 主婦は家事や育児をこなしながら効率的に働きたいという思いが強く、手取り収入を最大限にするために、壁の範囲内で働く傾向がある。そこで、女性の就労と社会での活躍を期待して、こうした制度の見直しが議論されている。

 そんな中、主婦に特化した人材サービスを提供する株式会社ビースタイルは、配偶者控除をテーマにアンケート調査を実施し、その結果を11月18日に発表した。調査対象は運営するサービスの主婦会員823名で、調査期間は10月13日から25日にかけて。

 配偶者控除のあり方について見直すべきか聞いたところ、「見直すべき」が46.7%に達し、「見直す必要はない」の23.6%を大きく上回った。「分からない」は29.8%。そこで、配偶者控除を見直すとしたらどのようにすればいいのか複数回答で聞いたところ、「枠の上限を103万円より上げる」が48.8%で最も多かった。以下、「103万円に関係なく控除が受けられる夫婦控除に変更」(34.0%)、「控除より子育て支援など新たな手当てに変更」(23.6%)、「配偶者控除枠を廃止する」(13.4%)、「枠の上限を103万円より下げる」(2.7%)と続いた。

 配偶者控除の変更に肯定的な主婦は多いものの、家族構成や生活環境によってさまざまな意見を持っているようだ。

あわせて読みたい

「配偶者控除」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。