記事

天皇を侮辱する一代限りの特例法

有識者会議は政府の意向どおり、「一代限りの退位と即位を、特例法で行う」ように提言をまとめるつもりらしい。
ものすごい疑問が次々に生まれる。 

今上天皇・個人に対する法律が作られるというのだ。
「対人法」は原則的に近代法では認められてないはずだ。
法は普遍性を有しなければならないはずである。 

そして憲法2条では、皇位継承の方法として、わざわざ「皇室典範」を名指しで特定しているのだから、それ以外の方法では「憲法違反」になる。 

憲法の中で特定の法律の名称を書いてあること自体が珍しい。
そこまで特定するのは、「皇位継承」が国家の根本の儀式となるからであり、権威の変更の手続きだからであろう。 

「退位」と「即位」、この「譲位」の儀式は、立憲君主国家にとって、最重要な手続きである。
それを、皇室典範に「ちゃちゃっと」付則を書いて、「抜け穴」を作り、特例法で済ませてしまうなんて暴挙が認められるはずがない。 

この「抜け穴・特例法」方式は「朝ナマ」で竹田恒泰が主張していたが、周囲は唖然としていた。
「ちゃちゃっと」という言葉はその時、竹田が使っていた言葉である。
天皇の「譲位」を特例法で「ちゃちゃっと」済ますという発想自体が、「不敬」極まるもので、天皇を侮辱する極左の発想である。 

そもそも天皇陛下は「自分が歳とって疲れたから退位したい」というような「極私的」な考えで8月8日の「お言葉」を公表されたのではない。
それは高齢化に伴い「譲位」という制度を採り入れなければ、象徴天皇制は安定的に機能し続けていかないという「公的」な提案である。
これが「皇室典範の改正」を意味することは当然で、陛下のご学友も「恒久法を天皇はお望みだ」と訴えていた。 

特例法は憲法違反に当たるのであり、典範に「抜け穴」を作り、「ちゃちゃっと」特例法で済ませるのは、明らかに天皇陛下への侮辱であり、叛逆である。 

典範改正は時間がかかってめんどくさいと言ってること自体が、天皇陛下の「権威」を傷つけているのであり、「ちゃちゃっと」天皇を追い払って、この問題を片付けようという政府の魂胆が見えすぎていて、吐き気を覚える。 

天皇陛下のお言葉自体が憲法違反と八木秀次が言っているが、天皇ご自身は「政治的権能」など持っていない。
だからこそ、今回は「政府の承認」を得て、玉音放送となったのではないか!
しかもその「お言葉」は国民に問いかけられたものであり、国民の90%が退位に賛成している。
陛下の「お言葉」自体を憲法違反だと封じるような意見は暴論である。 

自称保守派(実は男系固執派)の者たちが、極左よりも激しく天皇陛下の権威を破損しているのだから、まったく不可解である。 

一代限りの特例法で「ちゃちゃっと」譲位を済ませたら、天皇陛下はものすごい衝撃を受けられるだろう。
とんでもない侮辱だと思われるに違いない。
タダで済むと思ってはいけない。
「天皇陛下vs安倍政権」の戦争はますます熾烈なものになっていくだろう。 

陛下は遠慮せずどんどんメッセージを発してほしい。
圧倒的多数の国民が「御意のままに」することを望んでいる。
それは陛下が「全身全霊」で「公務」に打ち込んでこられたことへの国民の感謝である。
感謝していない者たちが、天皇陛下を愚弄する「特例法」で片づけようとしている。
国民よ、安倍政権を倒さなければならない!

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  9. 9

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  10. 10

    クルーズ船は「ウイルス培養器」

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。