記事

「お骨にならんと自分たちの生活がどうしようもない」熊本地震"震度7"の益城町斎場で起きていたこと

1/2
2016年4月14日、熊本県熊本地方を震央とするM6.5の地震が発生し、熊本県益城町では震度7を観測した。しかし、これは前震に過ぎず、同16日未明にM7.3の本震が発生。益城町と西原村で再び震度7を観測するなど、九州地方に大きな被害をもたらした。

BLOGOS編集部


あれから7ヶ月。被災地の復興は進んでいるのか。熊本県上益城郡益城町へ向かった。(11月9日・10日取材)

被災地の斎場で何が起きていたのか




最初にお話を伺ったのは、益城町で斎場「益城会館」にお勤めの川端康誉さん。益城町では熊本地震で27名(直接死20名・関連死7名 11月14日現在)の方が亡くなった。斎場も震災の被害を受ける中、亡くなった方をどう弔ったのか、そこにどのような苦労があったのか聞いた。



-震災から7ヶ月が経過しましたが、斎場が再開したのはいつ頃でしたか。

完全に再開できたのは7月22日です。7月24日に震災から100日ということで、益城町で慰霊祭が開かれました。



それまでに、まだ震災でなくなった方でまだ葬儀を終えていない方の葬儀を終わらせなければならなかったので、7月22日に2階の大斎場を完全復旧し、無事に葬儀を執り行うことができました。葬儀をせずに慰霊祭というわけにはいきませんでしたからね。



-斎場の被害状況は。

大変でしたね…。2階は天井が落ちて斎場が使えなくなってしまいました。

撮影:川端康誉


いたるところで壁が崩れ落ちてきて、

撮影:川端康誉


事務所もメチャクチャでした。

撮影:川端康誉


裏に倉庫があるのですが、鉄骨スレートの建物が傾いてしまいました。

撮影:川端康誉


当初は恐る恐る必要なものだけを取り出し極力中に入らないようにしていたのですが、数日後には普通に入るようになっていました。棺なども倉庫の中にあったので、出さないことには仕事にならなかったのです。

撮影:川端康誉


また、本館のほかに2箇所小さな斎場があったんですが、壊れて完全に使えなくなってしまいました。

撮影:川端康誉


-復旧作業も大変だったのでは。

まずは駐車場の裏にプレハブを建てて仮設の葬儀場をつくり、そちらを使用しながら斎場の1階を使えるようにし、その後に2階を復旧しました。



プレハブ斎場のおかげでお受け出来た葬儀もありましたね。できることはなんでもやろう、という感じで。



震災でお亡くなりになった方をどう受け入れるか


-斎場も大きなダメージを受けたんですね。4月14日の1度目の震災(前震)でお亡くなりになった方はどうされたのでしょうか。

お問い合わせのお電話を4~5人くらいからいただいたのですが、葬儀をお受け出来る状況ではなかったので、被害の少なかった熊本市内の斎場などへ回っていただきました。

2回目の地震(本震)は被害が大きすぎて、熊本市内の葬儀場も大変だろうと思いました。隣の農協さんの斎場をお借りすることが出来たので、そこを安置所として使わせていただき、9体のお棺を並べるような形で対応させていただきました。

なぜ農協さんの斎場が空いていたかというと、益城町よりも隣の御船町の斎場の方が被害が少なかったようで、農協さんが受注した分はそちらで執り行っていたようです。そうやって場所をあけてもらってどうにか対応しました。

出棺にしても益城町の火葬場は震災の被害で使えなくなっていたので、熊本市の火葬場を予約して搬送。葬儀という形は無理だと判断して、お寺に連絡して出棺のお務めだけあげてもらったり…といった手配をさせていただきました。

お寺側の被害も甚大でした。当時の報道では、全壊したお寺が5件ということでしたが、それ以外にも本堂を壊さなければいけないというお寺さんもたくさんありますね。



火葬を済まさないと避難所にも行けない


-今年はお葬式の件数は増えたのでしょうか。

例年と変わらないか、若干少ないような気もします。地域全体としては、ご高齢の方が遠くに避難されていて、その影響もあるのかもしれません。益城町の火葬場の予約件数も緩やかな感じがします。

益城斎場(火葬場)は震災から3、4日して使えるようになったのですが、震災で道路も被害を受けていて、斎場までどうやって車でたどりつくかが問題でした。



途中、橋がボコボコになっていたり、家が崩れて道幅が狭まっていたり、今まで普通に通れていた道が2t車以上は通行禁止になっていました。ご家族や参列の方を送るマイクロバスは大きいですから、どう迂回していくかが大変でしたね。

-震災で急に大切な人をなくされたご家族の方というのはどういったご心境なんでしょうか。

家の中から棺に一緒に入れてあげたい、大切なものを取り出せなかったといったことがありました。

それでも火葬を済まさないと、ご家族も身動きが取れない。みなさん被災者ですから。それが現実でした。お棺と一緒に避難所へ行くことも出来ないわけです。「お骨にならんと自分たちの生活がどうしようもない」という感じでした。

そんな中でも、故人のお顔が見えるように、納棺師さんは頑張ってくれました。震災でお亡くなりになって、顔に傷がついたりとかもあったと思うんですよね。最後のお別れが出来るように、キレイにしてくれたのはありがたかったです。

-震災直後だと、お葬式に参列するのも大変ですよね。

震災当日、翌日にお亡くなりになった場合は、ご身内だけで…という方が多かったですね。お葬式は改めて後日落ち着かれてから、という方もいらっしゃいました。

5月下旬からは、斎場の1階が使えるようになってお式をやりはじめて、最後の方がさきほどお話した、2階の大斎場でやった7月22日でした。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。