記事

NHKのプロフェッショナル・仕事の流儀を見ながら、ドラマ「逃げ恥」が平凡なのに面白い理由を考えてみた。

1/2
先日、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」で弟子入りスペシャルと銘打った内容が放送された(2016/11/28)。10代の若者がその道のプロに弟子入りをして仕事の厳しさを学ぶ、という内容だ。

天ぷら職人、空港の清掃スタッフ、そして漫画編集者と三者三様の姿が描かれていたが、特に興味をひかれたのは「ドラゴン桜」や「働きマン」「宇宙兄弟」など、人気漫画を担当したことで知られる漫画編集者の佐渡島庸平さんだ。佐渡島さんには漫画家を目指す女子高生の松田さんが弟子入りした。

中学生の時には編集者の目に留まり、賞を取った事もあるという「漫画家の卵」の実力は、絵だけを見るとプロとそん色のない腕前に見える。しかし佐渡島さんに作品を見て貰うと「プロとしてやっていくには程遠い、新人賞で出会う人たちと比べても相当レベルが低い。今日まで何も準備をしてこなかったの?」と酷評される。

一体何が足りないのか……漫画家の卵の苦悩が始まる。

■切実な実体験は面白いマンガになるか?


松田さんは過去に書いた77ページの大作を見て貰っても、根性はあるけど物語の内容は拙い、良くある設定でオリジナリティが無いと指摘される。自分の心の中に描きたい事、書きたい感情を持たないと駄目だとアドバイスされる。

そこで新しく描いたものが、自身の体験だ。過去には家出までしたという母親との確執を題材にした。佐渡島さんはその漫画のネーム(下書きのようなもの)を読んで、前の作品より1万倍は面白いと褒める。

さて、これは本当に面白い漫画なのだろうか。自身にとって深刻で切実な問題を作品にして評価される……ドキュメンタリーとしては成立するかもしれないが、多分面白い漫画としては成立しないだろうと感じた。誰かの自分語りなんて誰も聞きたいとは思わないからだ。このやりとりに疑問を感じていると、やはり追加でアドバイスがあった。

佐渡島さんは「自分の心を整理したいなら趣味でやっても良いんじゃない? 日記と作品は何が違うの?」と語りかける。ただの自分語りとお金を貰う作品は違うんだとハッキリ伝えているわけだ。切実なだけで面白い作品になるのなら、誰でも自分語りをすればプロの作家になれる。

映画「君の名は」が大ヒットしている新海誠監督は、初の劇場公開作品「ほしのこえ」で、地球から遠く離れた宇宙にいる相手と携帯メールをやり取りするには何年も時間がかかる、という設定を描いている。元ネタはフラれた彼女からのメールが途絶えた悲しい思い出だという。

彼女は遠く離れた場所に居てメールが中々届かないんだ、と考える事で悲しさを紛らわせていたと説明している(新海誠監督、女子高生の質問でショック受ける「おじさんなのに…」 シネマトゥデイ 2016/10/11)。フラれた実体験をそのまま描いても他人には退屈だが、心の痛みを昇華すると優れた作品になるのだろう。


■未熟な作家に補助線を引くプロの編集者。


編集者の佐渡島さんは松田さんに、ネームで描いた内容はいつごろの話なのか問う。10歳の頃だと聞くと、10歳の時の松田さんが読んで喜ぶような、救われるような物語にしてはどうか?とアドバイスをする。これは「読者の目線で作品を書け」というアドバイスと同じ意味で、面白い作品を書くにあたってより噛み砕いた「補助線」を佐渡島さんは引いてあげたわけだ。

高校生となり、母親との確執でいまだ心に傷を抱えている現在の松田さんではなく、10歳の時の自分、つまり自分ではあっても今の自分では無い他者の視点から見て面白い作品にしてみては、ということだ。

親と確執を抱える人は世の中にいくらでもいるだろうが、自分語りになれば誰も読みたいとは思わない。切実さは面白い物語の要素の一つにはなるが、度を過ぎればうっとうしい。そこにフィクションを書く意味がある。佐渡島さんが番組の中で松田さんに伝えようとしている事は、切実さを維持したまま物語や登場人物と距離を取れ、作品を突き放して見ろ、つまり「読者目線で描け」というアドバイスを、手を変え品を変え繰り返し説明している。

■面白いストーリーの要素とは?


10歳の自分を喜ばせる、救うような作品を書くならどんな漫画?と問われると松田さんは「自分と全く同じ主人公……?」と答えるが、親とケンカをしてる主人公を読んで救われる?と佐渡島さんはさらに問いかけを続ける。

そしてやっと出て来たものが「一緒に家出をしてくれる人が欲しかった」「自分と同じ不幸な人ではなく、普通の家庭の子が一緒に家出をしてくれる話」という内容だ。あっ面白そう、と思った瞬間、佐渡島さんも「おお、いいじゃんそれ」、と答える。

「親と確執を抱えた主人公が親とケンカをする漫画」と「親と確執を抱えた主人公が幼馴染みと家出をする漫画」では、多分後者の方が1万倍も面白い。テレビを見ていた人も面白そうだと感じたのではないかと思う。この違いは何だろうか。

自身の心の動きを描写するだけでは物語は進まないが、友人と家出をすれば動きが生まれ、会話が生まれる。誰かと出会い、主人公が変わっていく……面白いストーリーでは必ず含まれる要素だ。

■逃げ恥は「平凡」だが面白い。


先日、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を取り上げた記事を書いた。ドラマの内容は就職活動に失敗して派遣社員となった新垣結衣さん演じる主人公・みくりが、星野源さんの演じる「プロの独身」を自称する津崎と出会い、偶然に偶然が重なった結果、家事代行として契約結婚をして同居する……というストーリーだ。

一見すると奇妙・奇抜な設定に見えるが、表面的な要素を取り除いて「夫婦でも恋人でもない男女が偶然同居することになる物語」とシンプルに説明すれば、こういったストーリーは決して珍しくないことが分かる。過去に読んだ事のある漫画やドラマを思い浮かべれば誰でも複数の作品が思い当たるだろう。松田さんが考えた「一緒に家出」も「偶然の同居」と同じ構造だ。ともに生活をするという意味で、場所が家の中か外かの違いだけだ。

自分が小学生の頃に夢中で読んでいた週刊少年ジャンプでは冒険の旅に出る作品は多数ある。これも偶然の出会いから始まって仲間となり冒険の旅に出る、という形で偶然の同居や家出と枠組みは同じだ。偶然の同居・友人と家出・仲間との冒険は全て同じ構造を持つ。これらの物語を原型を留めない所までさらに抽象化すると「誰かと出会うことによって主人公が変わる」ストーリーであり、あらゆる物語に共通する王道でもある。

ドラマ「逃げ恥」は設定の構造だけを見れば極めて平凡だが、それは物語が面白いかどうかとは全く無関係だ。実際にはその正反対で、平凡な設定の方が安心して見られる。歴史上の人物を扱う大河ドラマは誰もが結論を知っているが多くの視聴者を引き付ける。信長や秀吉、家康などは過去に多数の漫画・ドラマ・小説などがあり、今後も多数の作品が書かれるだろう。つまり奇抜な設定やストーリーは面白さと全く関係が無いということだ。

作家でも漫画家でも無いヤツが偉そうに解説をするなと文句を言われそうだが、こういった物語の知識はマネー・ビジネス関連の記事を書く際にも役に立っている。

■エンタメの手法でビジネスの記事を書いてみた。


自分はマネー・ビジネス関連の記事を扱うウェブメディア編集長として自身で記事を書いて執筆指導もしているが、書き手にはネタで勝負をするなと伝えている。誰も見た事も聞いた事も無いネタは、誰も興味を持たないことと意味は同じだ(奇抜さと面白さは関係無いと説明したとおり)。だからみんなが知っている事をネタにすべきと伝えている。

何を書けばいいか分からない、ネタが見つからない、という人にはネタなんてヤフートップに掲載されているニュースで十分だと伝えている。

ただ、報じられるニュースの多くは「結果」でしかない。何かが起きた事はニュースを読めば分かるが、なぜ起きたのかまでは分からない。するとこのニュースには一体どんな意味があるのか? どのように理解・解釈すれば良いのか? それを知りたい、というニーズが生まれる。そこでニュースの背景や原因、根っこ、構造的な問題に迫る記事を書くようにと伝えている。

例えば奨学金の返済が出来ないワカモノが増えている、というニュースが一時大きな話題になったが、そういったニュースを見て可哀想とか学費をタダにすべき、と反射神経のように考えてしまう人に面白い記事は書けない。政治が悪いとか社会が悪いといったようにイデオロギーを全面に出して単純化するとただのバカに見える。

奨学金の問題は風俗で働いて借金を返している人がいるなどセンセーショナルに報じられたが、派手で分かりやすいニュースほど「なぜそんな問題が起きてるのか?」と本質に迫る必要がある。そこで必要なことが「単純化」であり「抽象化」だ。

※ヤフートップを見てネタ探し何て手抜きだ、という批判には池上彰さんにも同じ文句を言って下さい、と答えておく。池上さんはその時々で最も話題になっている政治や経済に関するニュースを扱うが、手抜きだという人はいない。多分そのほとんどはヤフートップでも掲載されている。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。