記事

北朝鮮へ更なる圧力を!

12月7日(水)、党本部において、北朝鮮による拉致問題対策本部等が主催する会議が開催された。家族会の飯塚代表、救う会の西岡会長、特定失踪者問題調査会の村尾専務理事にもご参加いただいた。

会議では、拉致問題の膠着状態を打開するために政府が行っている取組について説明があった。加藤大臣が国連で訴えた拉致問題の報告、国連安全保障理事会で決議された2321号の内容、わが国独自の措置などがその内容だ。特にわが国独自の措置については、北朝鮮を渡航先とした在日北朝鮮当局職員や外国人の核・ミサイル技術者の日本への再入国原則禁止について、その対象を拡大した。また北朝鮮に寄港した全ての船舶(日本籍船舶を追加)、及び制裁対象者関連等の船舶の入港禁止も盛り込んだ。

しかし拉致被害者の救出において具体的な進展がない中、厳しい意見も出された。北朝鮮がストックホルム合意を守っていないのに、何故日本はその合意に基づき交渉を続けるのか、という問いである。

安倍内閣としてストックホルム合意を基本に交渉を進めている以上、佐藤としては政府の取組を応援する。そして今後も、拉致問題を最優先事項として取り組んでいく。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  6. 6

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。