記事

第3四半期の豪実質GDPは前期比-0.5%、5年ぶりのマイナス

[シドニー 7日 ロイター] - 豪連邦統計局が発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.5%減と2011年初め以来約5年ぶりのマイナスとなった。企業、消費者、政府すべてが支出を削減したことが背景。

GDP統計を受け、豪ドル<AUD=D4>は約0.5米セント下落した。

豪経済が縮小するのは最後にリセッションを記録した1991年以降4度目。

GDPは前年比では1.8%増加したものの、第2・四半期の約3.1%増から大幅に伸びが鈍化した。

鉱業投資ブームの後退が続く中、好調だった住宅建設も鈍化。企業投資が最大の足かせとなった。

今回のデータは、楽観的な経済見通しを示すオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)にとって予想外の打撃となった。

豪中銀は政策金利を据え置いた6日の理事会で、経済が鈍化するとの認識を示したものの、最終的には上向くと予想した。

これまでのところ、投資家も中銀の楽観的な見方に同調しているとみられ、金利先物市場が織り込む今後数カ月間の追加利下げの確率はわずかとなっている。ただ利上げの確率もなくなっている。

ANZのエコノミスト、フェリシティ・エメット氏は「この弱さは一時的だろう」と指摘。「最近の小売売上高の強さは家計支出が今四半期にかけて加速したことを示している。住宅建設も回復するとみている」と述べた。

第2・四半期のGDPは前期比0.6%増に上方改定された。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。