記事

安倍総理の真珠湾訪問「平和な世の中をつくる意味でどう寄与するか見極める」大串政調会長

 大串博志政務調査会長は6日、定例記者会見を国会内で開き、(1)安倍総理の真珠湾訪問(2)国会論戦での対応――等について見解を述べた。

 安倍総理が今月末にオバマ米国大統領とともに真珠湾を訪れると発表したことに関しては、「これが平和な世の中をつくっていく意味においてどう寄与していくのか、どういうメッセージが発せられて、かつその後にどう具体的につながっていくのかをよく見極めていく。もとより私たちは戦争の傷跡を乗り越え、平和な道を各国と一緒につくっていくことは大切なことだと思っている。一方でそれが本当にそうした流れになっていくのかを見極めたいと思っている」と述べ、オバマ大統領が5月27日に広島市の平和記念公園を訪れたことにも言及。「日本国民として胸躍る気持ちで受け止めた」と語った大串政調会長は、しかしその後、10月に国連で採決された2017年の「核兵器禁止条約」制定交渉開始を定めた決議案に米国が反対し日本も追随したことにふれ、「このように(注目される日米の)行動がその後の実質的な行動をもたらすのかというような点をきちんと見極めたい」と語った。

 臨時国会が終盤を迎える中で、参院で年金カット法案の審議が行われていることに言及し、「衆院での強行採決と同様の展開にならないよう、そうした目線で見守っていく」と述べた。 カジノ法案については、「先週金曜日に議員立法にもかかわらず言語道断の強行採決が行われた。これに関して私たちは党内議論を始めているが、前回は(「次の内閣」会議では)法案登録にも至らない内容であるという結論で、部門に関しては引き続きの議論を行う指示を出していたが、本日状況が整ったので、15時から合同部門会議を開いて議論していく」と述べた。

民進党広報局

あわせて読みたい

「大串博志」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。