記事

東京高裁、タイ人少年の控訴棄却 退去処分の取消求めた控訴審

[東京 6日 ロイター] - タイ人のウティナン・ウォンさん(16)が東京入国管理局に対し退去強制処分の取り消しを求めた控訴審で、東京高裁は6日、控訴を棄却する判決を下した。

ウティナンさんは記者会見で判決を聞いた時の気持ちについて「こんなに簡単に決められてしまうのか。悔しい。とても悲しかった」と述べた。

判決後の記者会見で支援団体関係者は「大変残念な判決で、落胆している」とし、今後も支援を続ける方針を示した。

担当の児玉晃一弁護士は「実質3─4ページの薄っぺらい判決で、一審と同じ。なぜ訴えが認められないのか、今もわからない」と述べた。

最高裁に控訴するかどうかは未定だという。

ウティナンさんとタイ人の母親は、2014年に東京入国管理局から強制退去を通告され、2015年1月、東京地裁に強制退去処分の取り消しを求めて提訴した。今年6月、東京地裁は2人の請求を棄却する判決を下した。ただ、判決では母親が本国に送還されたあと、養育に責任を持つ者がいれば、子どもの在留特別許可が再検討される余地がある、と付記されていた。

これを受け、母親は9月にタイに帰国し、ウティナンさんのみが7月、地裁の判決を不服として東京高裁に控訴していた。ウティナンさんは母親を見送りに行った成田国際空港でロイターなどに対し、「お母さんは僕が日本にいられるために帰るつもりだ・・・さみしい」と語った。

今回の判決では、母親が帰国したことや、地裁判決での「再検討の余地」との記述については一切ふれられていない。

ウティナンさんは、今後について「今は考えられない」と語り、日本にいたいかとの質問には「もちろん日本にいたい」と答えた。

*写真を差し替えます。

(宮崎亜巳、舩越みなみ、トム・ウィルソン)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。