記事

「怪しいドローン」対策はワシ(鷲)の時代か

昨夜のNHKニュース関東ローカルは、埼玉県本庄市の児玉警察署が、年末の犯罪被害防止活動を始めたことを紹介し、その中で、タカが逃げる犯人役を追撃し、転ばせてしまうデモシーンが流れました。

この現代の”鷹狩り”で思い出したのが、オーストラリアで、タカと同類のワシがドローンを嫌っていて、何台ものドローン(Drone)を”撃墜”されて困っている鉱山会社があるという話でした。その瞬間映像はこれです。


YouTube >> link to

これは、野生のワシによる被害ですが、逆に、これを訓練すれば、タカが犯人を追撃できたように、ドローンを捕獲することも可能なはず。と、思って調べたら、やっぱりありました。オランダにその目的に添うワシを訓練するGFA(Guard From Above)という会社がスタートしていました。そのトップページにあるドローン捕獲映像はこれです。


YouTube >> link to

GFAは警察との連携で生まれた会社だと思われますが、その使命について、飛行禁止区域を飛ぶ敵対的もしくは怪しいドローンを空中で阻止することだ、としています。そして、ワシを使っての阻止する方法は< A Low Tech Solution for a High Tech Problem>だと述べています。なるほど。

オランダ警察は、この会社から訓練したワシを買い入れ、調教師とともに9月から、実際に配置を始めたということです。

また、先月初めのIndependentの報道によると、英国議会でも、ドローン対策にワシの活用についての議論が始まっていました。

刑務所大臣(the Prisons Minister)によると、スマートフォンやドラッグ、武器などが外部から収監中の囚人にドローンで配達される事案が増えていて、当局の脅威になっているとのこと。

これを阻止するために、刑務所やその周辺に調教されたワシと調教師を配置すべきだという考えで、ロンドン市警の警視総監も、テロリストによるドローン爆弾を阻止するために、その必要性を強く主張しているようです。

日本では昨年末に、警視庁に「無人航空機対処部隊」が発足しましたが、その方法は、ネットをぶら下げたドローンで不審なドローンを搦め捕ろうというものです。


YouTube >> link to

ワシの調教も調教師の配置も不要ですから安上がりではありますが、相手のドローンが高性能だと、ネットをぶら下げて動きの悪そうなドローンでどこまで対応できるのか、一抹の不安が残る感じです。

また、最近、あちこちのメディアで紹介されているのが、オーストラリアのDroneShield社による、この恐ろしげなバズーカ砲風な新製品です。

画像を見る

DigitalTrendsによると、見た目と違って、別に轟音が出るわけではなく、引き金を引くと、ドローンと操作しているパイロットとを結ぶ電波を撹乱する電波を出して、ドローンを落下させるようです。妨害電波は2キロ先まで届くとか。こんな感じです。


YouTube >> link to

ただし、妨害電波を出す機器はFCC(連邦通信委員会)が原則的に禁止していますから、誰でも使えるわけではありません。(おそらく、日本でも)

他にも、アイディアはあるようですが、個人的には< A Low Tech Solution for a High Tech Problem>を標榜するGFAのワシ活用が気になります。日本には鷹狩りの歴史がありますから、タカと同類のワシを調教する「鷲匠」の方もいるでしょうから。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  2. 2

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  3. 3

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  4. 4

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

  7. 7

    日本の情緒的な石炭維持論は問題

    鈴木馨祐

  8. 8

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    LINEに不正アクセス多発 対策は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。