記事

芥川賞受賞作『コンビニ人間』を、コンビニで働く人たちが読んでみた 『コンビニ人間』 (村田沙耶香 著)|特集

第155回芥川賞を受賞した『コンビニ人間』の主人公・古倉恵子は、コンビニのバイト歴18年目。36歳未婚、彼氏なし――。コンビニを舞台に繰り広げられる物語は、現代の世相を切り取り、多くの人の共感を呼んでいます。では、実際にコンビニで働く人は、この本を読んでどう思ったのか? 大手コンビニチェーン、ファミリーマートの皆さんに感想をお寄せいただきました。そこから見えてくるコンビニのリアルとは?

主人公はコンビニ店員として驚くほど優秀!


 なんて優秀なスタッフだろう! と驚きながら読みました。私が店長だったら、主人公を雇いたいです(笑)。優秀なコンビニ店員は「後ろにも目があるの?」と思われるくらいに、背後のお客様の「音」を感じ取ってレジに戻るので、コンビニ特有の「音」に敏感になるのは納得です。またコンビニ店員は数時間で何百人ものお客様に挨拶するので、主人公のコミュニケーションが変化したのもわかります。久々に店舗で働きたくなりました!

(30代 女性 本部勤務)

 10代からアルバイトを始めた私はコンビニと共に成長し、現在も店長として働いています。変わらないガラスの中の光景やそこを満たすざわめきなど、自分の現実と同様に感じ取れる私も「コンビニ人間」だと気付き何だか嬉しく思えました。私にとって無くてはならないこのコンビニは「普通の人間」にとっては何てことはない存在なのだろうと思います。私はこれからもずっとそんなコンビニの「コンビニ人間」であり続けたいと思いました。

(40代 女性 店長)

 自然と身体に染み込んだマニュアルと音感の混合で生きている自分。どこか恵子と同じ自分に安堵した。しかし、世間はそうはみてくれない。わかっている……。人より「音」を感じる仕事だからこそ。そう、私もコンビニ人間!

 不協和音に負けそうな時、思い出そう。「ここは変わらないわねえ」が2回も出てきた。最高の褒め言葉、贈り物。これは、コンビニ人間にしか響かない音かもしれない。恵子に会いたい!

(40代 女性 店長)

「普通」って何だろう? 他人中心の古倉と自分中心の白羽


 よく取りざたされている「普通とちょっと違う人」。現代人の心理的・精神的な部分を、それとは全く関係のなさそうに思えるコンビニに重ねあわせて上手に書かれた作品。細かな描写がとてもリアルで、コンビニで働く人間としては、読んでいて「そうそう! あるある!」という気持ちにページをめくる手がどんどん進んだ。登場人物も実際にいそうな人ばかりで、思わず自分の職場を重ねてしまう。コンビニ職に従事する人にもそれ以外の人にも、リアルに描かれた情景に自分を重ねて楽しく読めるはず。

(30代 女性 店舗勤務)

 世間の目は容赦ない。コンビニ店員として居場所を見つけた彼女も例外ではなかった。

 常に「普通の人間」かどうか品定めされる。異質なものを排除しようとする人たちに。

 他人が喜ぶ自分になっても意味が無い。しかし彼女はもがきながらも導き出した答えへとつき進む。そんな彼女の信念と行動力は見習うべきものがあった。コンビニという身近な舞台であり、働き方や自分らしさとは何かを考えさせられました。

(40代 男性 店長)

 古倉と白羽の相反するのだけれど、社会で上手くやっていけない2人の物語でしたが、現代社会においても、大多数の人は社会で隠して過ごしているだけで、この2人とあまり変わらないのではないかと感じました。他人中心の古倉と自分中心の白羽、世の中、みんなこの間で揺れているのではないかと思います。

 私もコンビニの店長という立場ですので、古倉の勤めているコンビニが、優秀なコンビニだということがすぐに分かります。これはコンビニ店員ならではの楽しめる部分ではと感じます。

 古倉が社会的に能力が低い人間なのかというとそんなことは無く、分析力、判断力、行動力、記憶力はずば抜けていると読み取れます。ただ、これは特に日本の多くの会社に言えることですが、日本は平均的に何でもできる人が求められる社会です。この本を読んだ人が、高い能力を持っていても活かしきれない、今の日本の社会や会社のあり方、考え方を見直すキッカケにもなればと思います。

(20代 男性 店長)

 全国に5万店あるコンビニに24時間、365日、コンビニの灯りがともっていることは、現代の日本の生活の「普通」だ。しかし、「普通」を支える一見単調なように見えるコンビニスタッフの仕事には、現代の便利を解決するあらゆる商品・サービスがつまっている。まさに極上の「普通」を極めるために各チェーンがしのぎを削っている。

 そんな中で幼いころから「普通でない」というコンプレックスを抱える古倉が、優秀なコンビニの店員という「普通」の仮面を通して、社会と接していこうという考えが何とも面白い。白羽という真逆なキャラクターとのかかわりを読んで、誰もがちょっと普通じゃない自分を持つことで、バランスを取っているのかなと感じた。

(40代 女性 本部勤務)

コンビニは「人」で成り立っている


 CVS事業において不可欠なものとは加盟者、そしてスタッフの存在である。物語に出てきたように、そこには複雑な人間関係が存在しながらも、必死に店舗を運営している姿がある。単純なように見えて、複雑に構築されているコンビニを“人間”という視点から分かりやすく、そしてリアルに表現されていた。また24時間365日、休まず運営できているのは加盟者、スタッフのおかげであると再認識させられる物語であった。

(20代 男性 本部勤務)

 コンビニに携わる人たちには、色んなドラマがある事を実感しました。私たちが働いている瞬間に、お客様や働くスタッフさん達にはそれぞれの物語があり、コンビニを利用するシーンも、その一部だなと感じました。

 生活の一部に携わる仕事をしている事に誇りを持ち、これから更に、コンビニを利用している全ての方々に、喜びや感動を与えられる店舗指導・売場づくり・商品品揃えを行っていこうと思わせてくれた作品です。

(30代 男性 店舗指導員)

 息つくひまも無いほど、日頃の業務に追われているコンビニ店舗において、繰り広げられるドラマは、まさに人間社会の縮図であり、店舗それぞれが一つの世界を形成していると思います。店舗のオーナーとして、変わり移る価値観を正面から受け止め、スタッフが良い意味でコンビニ人間としての幸福感を感じるような職場を提供したいと、認識を新たにしました。

(60代 男性 加盟店オーナー)

あわせて読みたい

「コンビニ人間」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  3. 3

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。