記事

米著名ヘッジファンドの一部、大統領選後の株高に乗り切れず

[ボストン 1日 ロイター] - 米著名ヘッジファンドの一角は11月、米大統領選でトランプ氏が勝利した後の株高で恩恵を受けたが、市場平均ほどのリターンは収められなかった。ロイターが確認した一部ファンドの投資家向けサマリーで明らかになった。

米S&P総合500種株価指数は11月に3.6%上昇した。

これに対し、バリー・ローゼンスタイン氏が率いるジャナ・パートナーズ・ファンドの11月のリターンは2.2%で、同ファンドとしては今年に入って最も高い部類となった。この結果、年初からのリターンも1.4%とプラスに浮上した。

デービッド・アインホーン氏のグリーンライト・キャピタルは11月のリターンが1.9%、年初来では7.7%となった。

S&P500種は年初から7.2%上昇している。

もちろん、中には市場平均を上回る成績を収めたファンドもあり、ケース・キャピタルのホイットニー・テイルソン氏が電子メールで明らかにした11月のリターンは7.5%だった。

これは保有している連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNMA.PK>の株価が大統領選後に172%も上昇したことが主因。次期財務長官に指名されたステイーブン・ムニューチン氏はファニーメイを民間経営に戻すべきだと述べている。

大半のファンドは11月の運用成績をまだ集計中。月毎の成績は通常、一般には公表されない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。