記事

「モンスト」から脱皮せよ! ミクシィ3代目社長が仕掛ける次の一手

1/2

大企業の面接で惨敗、留年で人生の歯車狂う

【弘兼】先ほどオフィス内で弁当が300円前後で売られていました。美味しいコーヒーが160円で飲めるカフェも併設されています。

【森田】創業者の笠原(健治)もよく列に並んで弁当を買っていますよ。このオフィスには今年9月に引っ越してきました。

画像を見る ミクシィ社長 森田仁基(もりた・ひろき)
1976年、東京生まれ。中央大学総合政策学部卒業。2000年ネットビレッジ(現fonfun)入社。08年ミクシィ入社。11年サイバーエージェントとの合弁会社グレンジに副社長として出向。その後ミクシィに復帰し13年執行役員。同年5月ゲーム事業本部長。14年6月から現職。


【弘兼】パーテーションで区切られた社長室もなく、森田さんも社員とデスクを並べているんですね。いかにもIT系の企業といった開放的な雰囲気です。やはり子どもの頃から自分がこういう業界に進むというイメージはあった?

【森田】いや、全然なかったです。

【弘兼】将来の夢は?

【森田】多くの子どもと同じです。野球をやっていたので、将来は野球選手になりたいとか。大学に入ってからは野球を真剣にやっていた反動か、あまり将来のことを考えていませんでした。スキューバダイビングのサークル活動に明け暮れていましたね。

【弘兼】そのうちに、就活が始まります。ゲームメーカーを中心に受けたのですか?

【森田】いや、ゲームメーカーは受けていません。大学時代はちょうど弘兼先生の「島耕作シリーズ」を愛読していました。それで働くというのは、島耕作のようにスーツを着て会社勤めをするというイメージだったんです。だから、世間一般的に名の通った大企業をしらみつぶしに受けて、ことごとく落ちました(笑)。

【弘兼】大学卒業後はアルバイトをしていたとか。

【森田】歯車が狂ってしまったんですね。大学を留年してしまい、卒業できなかった。大学生のときから、スノーボードとかスキーとかを扱うスポーツショップでアルバイトしていました。卒業後もそこでアルバイトをしていたんです。

【弘兼】そのままスポーツショップで働くつもりはありました?

【森田】そろそろ社員にならないかと誘われました、ただ、自分がそこで働き続けることにしっくりとこなかった。それで次のアルバイト先を探していたところ、派遣会社が見つかりました。しかし、受けてみると見事に落ちた。仕方がないのでそこの会社で派遣登録をしたところ、ネットビレッジ(現fonfun)という会社を紹介されました。

【弘兼】携帯向けモバイルコンテンツを開発する会社ですね。

【森田】はい。そのときは業種がどうのこうのよりもお金が稼げればよかった。スポーツショップの時給が800円、ネットビレッジは1250円だったんです。

【弘兼】それが2000年のこと。

【森田】当時、ネットビレッジは携帯電話で使用する「iモード」のサービスをやっていました。僕はそのサービスに直接関わったのではなく、派遣社員として上場準備室という、総務にあたる部署に配属されていました。そのうちに「森田君、違うことをやってみようか」みたいな感じで、3カ月後に正社員となり、広告宣伝をやることになった。その後は、Webメールサービスを構築するためのディレクションをしたり、営業をしたりしました。それらを5年ほど続けた後に、エンターテインメント事業を担当するようになりました。

【弘兼】ようやく、今の仕事に繋がりますね。

【森田】それも自分がやりたいと志願したのではありませんでした。やる人がいなくてやれという感じで、僕一人でやっていたんです。

【弘兼】そして、今のミクシィに転職したのが08年。これはヘッドハンティングだったのですか?

【森田】いえ、違います。元同僚がミクシィに転職して「ちょっと遊びにおいで」という話になったんです。実はそれが面接でした。そして受かってしまった(笑)。

【弘兼】転職する気はなかった?

【森田】前の会社では1年ごとに担当が変わっていて、それなりに経験を積んでいました。8年勤めていたので、そろそろキャリアチェンジをしてもいいかなとは思っていました。

【弘兼】森田さんが入った頃は、SNSの「mixi」が絶好調でした。

【森田】僕の社員番号は「355」番でしたから、すでに辞めていった人間も含めて、200~300人の会社だったはずです。売り上げは年間100億近くありました。

画像を見る

発売から2年半で利用者数3500万人突破

【弘兼】前職のエンターテインメント、つまりゲーム開発をミクシィでもやろうと考えていたんですか?

【森田】当時、mixiは2000万人以上のユーザーを抱えていました。このユーザーをプラットフォームとして、第三者に開放することでビジネスになるのではないかと。それが「mixiアプリ」でした。任天堂が作ったゲーム機をプラットフォームとして、他社がゲームソフトを開発しているのと似ています。

【弘兼】ゲームの仕事というのが、私らの世代にはわかりにくい。具体的な仕事というのは?

【森田】簡単に言うと、ゲーム制作のための、「ヒト・モノ・カネ」を集めることです。プロデューサーというとわかりやすいかもしれません。

あわせて読みたい

「mixi」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  6. 6

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  7. 7

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  8. 8

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  9. 9

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。