記事

東京電力は関東軍と似ていた

 池田香代子さんのブログ記事「原発てんでんこ?」と、翌日の動画紹介を含めた「補遺」とは、一読の価値があります。福島原発で爆発が起きた直後に、東電の関係者には緊急避難の情報が流されて家族は早期に避難できたのに、その情報は、ふだん親しくしていた主婦仲間にさえ伝えられなかったという報告です。

 誰もが予想しなかった非常事態でしたが、最も強い衝撃を受けていたのが当の原発関係者であったことは容易に想像できます。何重にも安全装置があるので絶対安全だと、人にも言い自分も信じていた「神話」が、目の前であっけなく崩壊して行く姿は、「万事休す」の、この世の終りとも思われたことでしょう。

 神話が崩れた以上は、拡散するであろう放射物質の怖さをよく知っているのも、また原発関係者でした。最悪の事態になったら逃げるしかない。これが菅首相の怒りで撤回されたとされる「保安要員以外は全員退去」の判断にもなったのでしよう。関係者家族への避難勧告も、その文脈で出されたと考えてよいと思います。その際に「事態が流動的だから不用意に発表しては混乱を大きくする」というのが、当面の言い訳になります。

 この話を読み、関連動画も見て私が連想したのは、敗戦時の関東軍の行動でした。ソ連軍の全面的侵攻が始まったら防戦できる戦力がないことを、誰よりも熟知していたのは関東軍司令部でした。そこで何よりも優先したのは、人体実験で細菌の研究をしていた731部隊関係者をはじめとする「重要人物」を、すみやかに安全地域へ撤退させることでした。その中に高級将校とその家族が含まれていたのは言うまでもありません。

 軍から見捨てられた「満州開拓民」たちに似た苛酷な運命が、原発周辺で逃げ遅れた人々を襲う可能性も、当時はゼロではなかったのでしょう。すべての情報を握って、本当の危険をよく知っているのは、常に当事者の中枢にいる人たちなのです。その情報を、どうしたら独占させずに、公共の安全に役立てることができるかが、この問題のポイントだと思います。

 池田香代子さんも書いています。私たちは敵を見誤ってはならないと。いちはやく逃げた東電社員の家族を非難攻撃すれば気が済むという話ではありません。権限と情報を持つ中枢に高い倫理性を持たせるのは、システムと民主主義の問題、つまりは政治の問題なのです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  9. 9

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  10. 10

    福岡で過去最多519人の感染確認 半数は福岡市

    ABEMA TIMES

    05月08日 20:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。