記事

米株市場ではS&P500とナスダックが下落、ハイテク株に売り

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック指数が下落して取引を終えた。ダウ工業株30種は横ばい圏。石油輸出国<BAC.N>機構(OPEC)の減産合意を受けてエネルギー株は買われたが、ハイテク株が売られて全体を押し下げた。

OPECが減産に合意したことで原油価格が9.3%急伸。エネルギー株は全般に買われ、S&Pエネルギー株指数<.SPNY>は4.8%上がった。

バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>が4.5%上昇するなど、銀行株も全般に高い。トランプ次期米大統領の政権で財務長官に就任するスティーブン・ムニューチン氏がCNBCテレビで、新政権では税制改正と貿易協定の見直しが最優先事項になるとの見通しを示したことが材料視された。

半面、米国債利回りの上昇を嫌い、公益株や電気通信株など高配当銘柄は売られた。S&P公益株指数<.SPLRCU>は3.2%下落。ハイテク株ではAT&T<T.N>が2.2%下げた。

ソラリス・グループの最高投資責任者のティム・グリスキー氏は「エネルギー価格が上昇し続ければ、米国のエネルギー業界にとってはプラスに作用する。この業界は米経済で重要な部分を占めている」と指摘。「米経済が加速すれば米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが速まるため、高配当銘柄は売り圧力を受けた」と述べた。

11月の主要株価指数の上昇率はダウが5.4%、S&500が3.4%、ナスダックが2.6%。トランプ次期大統領がインフラ投資を拡大し、規制緩和を進めるとの観測から、3指数はいずれも11月中に過去最高値を更新した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.53対1だった。ナスダックも1.82対1で下げが上げを上回った。

米取引所の合算出来高は約95億株で、直近20営業日の平均である79億株を上回った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安くて高性能!防寒対策ならWORKMAN(ワークマン)がおすすめ

    かさこ

    10月28日 09:33

  2. 2

    間に合ってよかった甘利さんのポスター貼り替え

    早川忠孝

    10月28日 15:29

  3. 3

    【衆院選2021】政治に詳しくなくても楽しめる激戦予想の注目選挙区

    BLOGOS編集部

    10月28日 11:29

  4. 4

    このままでは政局レベルの惨敗に…自民党内に広がる「岸田首相では戦えない」の恨み節

    PRESIDENT Online

    10月28日 13:11

  5. 5

    「過剰な節約」で時間という貴重な資産を失ってはいけない

    内藤忍

    10月28日 12:21

  6. 6

    過去最悪の感染状況も「重症化をそこまで恐れていない」ロシアの現状

    ABEMA TIMES

    10月28日 14:44

  7. 7

    スペインの大学で開発中の人工網膜装置 全盲の女性が「見た」ものは

    島田範正

    10月28日 14:50

  8. 8

    眞子さん滞在先マンション前からの生中継も…「報じなくていい」という声にメディアは

    ABEMA TIMES

    10月28日 09:40

  9. 9

    身動きが取れないバイデン政権 支持率急落の危機

    WEDGE Infinity

    10月28日 13:13

  10. 10

    投票したい人がいないと思ったら-いい議員の探し方-

    千正康裕

    10月28日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。