記事

ブラジルのプロサッカーチームチャーター機墜落

テレビ局「 Univision」によると、乗客、乗員81人を乗せたチャーター便 flight, RJ85 CP-2933が2016年11月28日、コロンビアで墜落した。機内には乗客72人乗員9人が乗っていた。

ボリビアBoliviaのViru Viru International Airportを離陸したチャーター便に搭乗していた南ブラジルからの1部リーグプロサッカーチーム「シャペコエンセ Chapecoense football team( ブラジル・サンタカタリーナ州シャペコを本拠地)」所属のサッカー選手らは、南米サッカー連盟主催の「コパ・スダメリカーナ Copa Sudamerica 」決勝戦に11月30日出場するためコロンビアColombiaのメデジン空港Medellin airport. に向かっていた。

事故は28日夜10時15分ころ起き、山岳地に墜落し、生存者が居る模様と報告されている。

参照記事
リンク先を見るリンク先を見る





原因は不明だが、燃料切れとも、10時ころの電気的なトラブルの緊急連絡後にレーダーから消え、墜落したとの記事がある。コロンビア空軍がヘリを急行させたが視界不良で引き返し、その後の報道で6名が生存、また、10人が救出後手当てを受けているとの報道もある。
リンク先を見る
事故機には、乗客72人のうち、48人のチームメンバーと、少なくても21人のジャーナリストが乗っていたとされ、また、少なくてもチーム選手22人が乗っており、どの選手が救出されたかなど詳細は不明だが、27歳のディフェンダーAlan Ruschelが救助されたとの報道と写真:右 がある。

事故現場に着いた赤十字、消防の報告では、事故機はほとんど破損した状態で、濃い霧と強い雨で視界が悪く救助を困難にし、気温が5度で生存者への低体温症が懸念されるとしている。

写真下は救助の様子 参照記事 参照記事 参照記事(この参照記事には随時英文で速報が入ります)

日本時間29日18時
の時点で、確認された死亡者は25人、負傷者15人、生存者4人(負傷者数が生存者に入っていない理由は不明)の記事が確認された。生存者には、ゴールキーパーのDanilo and Jackson Follman 、と女性乗務員Ximena Suárezの名前が確認された。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。