記事

消費支出、10月は前年比-0.4% 8カ月連続で減少=総務省

[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した10月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1961円となり、前年に比べて実質で0.4%減少した。減少は8カ月連続。節約志向の強まりや野菜価格の高騰などが下押し要因となった。

季節調整済み全世帯消費支出は前月比1.0%減となり、2カ月ぶりに減少した。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比0.6%減が予想されていた。

項目別にみると減少に寄与したのは、こづかい、交際費などの「その他の消費支出」、野菜・海藻、穀類などの「食料」、保健医療サービス、医薬品などの「保健医療」など。

食料は、夏場の天候不順を背景とした野菜価格の高騰が実質ベースでの押し下げ要因になったほか、総務省によると、交際費などの減少は節約志向を反映している可能性がある、という。自動車購入や自動車関連用品なども振るわなかった。

一方、電気代など「光熱・水道」や国内パック旅行など「教養娯楽サービス」はプラスに寄与した。

総務省は基調判断を「消費の弱い状況が続いている」に据え置いた。

10月の勤労者世帯の実収入は1世帯当たり48万5827円となり、前年比で実質0.1%減と3カ月ぶりに減少した。名目は同0.1%増だった。

*内容を追加します。

(伊藤純夫)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。