記事

消費支出、10月は前年比-0.4% 8カ月連続で減少=総務省

[東京 29日 ロイター] - 総務省が29日発表した10月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1961円となり、前年に比べて実質で0.4%減少した。減少は8カ月連続。節約志向の強まりや野菜価格の高騰などが下押し要因となった。

季節調整済み全世帯消費支出は前月比1.0%減となり、2カ月ぶりに減少した。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比0.6%減が予想されていた。

項目別にみると減少に寄与したのは、こづかい、交際費などの「その他の消費支出」、野菜・海藻、穀類などの「食料」、保健医療サービス、医薬品などの「保健医療」など。

食料は、夏場の天候不順を背景とした野菜価格の高騰が実質ベースでの押し下げ要因になったほか、総務省によると、交際費などの減少は節約志向を反映している可能性がある、という。自動車購入や自動車関連用品なども振るわなかった。

一方、電気代など「光熱・水道」や国内パック旅行など「教養娯楽サービス」はプラスに寄与した。

総務省は基調判断を「消費の弱い状況が続いている」に据え置いた。

10月の勤労者世帯の実収入は1世帯当たり48万5827円となり、前年比で実質0.1%減と3カ月ぶりに減少した。名目は同0.1%増だった。

*内容を追加します。

(伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。