記事

「平成経済20年史」を読む(4)

 小泉政権下で「史上最長の経済拡大」と宣伝されたものの実体は何だったのでしょうか。それは世界にも例のない長期デフレの中で起こりました。経済は停滞していたのだが、それ以上に物価が下がったので、実質経済成長率はプラスだというものでした。通常の経済成長は物価の上昇を伴うので、物価上昇率を差し引いたものを実質成長と考える、その計算方法を無理やり適用して、文字通りに「マイナスのマイナスはプラスだ」と開き直ったのです。

 絶対量の経済は縮小する中で、いろいろ不思議なことが起こりました。大企業は軒並みに史上最高の利益を上げているにもかかわらず、社員の給与は一向に改善されず、正社員の削減と、派遣、パートなどへの非正規化が一挙に拡大しました。その裏で正社員雇用を前提としていた雇用保険などのセーフティーネットが破綻した事実は放置されました。規制緩和を最優先で実施した結果は、富の集中つまり格差と貧困の拡大でしかなかったのです。

 危ういバランスを保っていた日本経済も、世界的不況の波を受けて弱点を露呈しました。小泉構造改革のあとに残されたものは、国民生活の貧困化と不安定化でした。それだけの痛みを伴ったにもかかわらず、デフレは記録的な長期にわたって改善せず、従って資産も貯蓄も増えることはありませんでした。成長しない経済の下で社会的弱者が増えていた、そこへ大震災の打撃が加わったのが現状です。

 本の紹介の後半は端折りましたが、最後に著者の意向に沿った経済回復への道筋を模索してみましょう。まず、国民生活を向上させる政策的手当が必要です。その財源がないというのは財務官僚の欺瞞です。借金の大きさだけを言い立てて、資産の大きさを隠しているのです。どこの国でも当り前程度の成長は、まだ残っている日本の経済力で不可能なはずがありません。経済を正常に循環させながら、上ってくる税収で財政を健全化するのが王道なのです。

 日本が信じ込まされたグローバルスタンダードは、決して世界の標準ではありませんでした。自国の国民と経済を守るためだったら、なりふり構わず「何でもあり」が世界の標準なのです。アメリカ発の要望を、錦の御旗でもあるかのように権力の道具とした「小泉構造改革」と、それに便乗して支配力の拡大に走った財務官僚が残したものは、従順に利用されて疲弊した日本経済でした。

 日本には日本の基準があっていいのです。国民生活の安心と向上を第一として、そこから新しい需要を喚起する。その文脈の中では、貧困の解消も震災からの復興も放射能対策さえも、新しい成長の糧になるに違いありません。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  7. 7

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  8. 8

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  9. 9

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  10. 10

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。