記事

「平成経済20年史」を読む(1)

 「平成経済20年史」(紺谷典子・幻冬舎新書)を読みました。ネット上の感想文で「怒りに体が震えた」と書いている人がいましたが、そのような本でした。どんな視点で書かれているかは、最終章の最後に集約されています。(以下引用)

 改革のたびに日本人の生活が悪化してきたのは、不思議なほどである。本来、改革は、国民生活の改善をめざすものである。国民生活の悪化は、改革が国民のためのものではなかったことを示している。
 
 米国と財務省が主導する「改革」をやめれば、国民生活も、日本経済も良くなるはずである。(引用終り)

 読み終って、この本に書かれていない大きな項目があるのに気がつきました。それは日本の歳入つまり税収の変化です。これについては私のブログで、以前にまとめて表にしてありますので参照してください。所得税の最高税率(住民税を含み、年収1800万円超部分)は、1974年の93%から、1999年の50%へと、25年間で激減しているのです。その事実と、この本の内容を照らし合わせると、金持ち減税が、資本を集中し格差を拡大するグローバルスタンダード(実はアメリカ基準)の一環であったことが納得できます。
 
 今から見ると夢のような高い税率の中で、法人税も同様に高かったにもかかわらず、日本は高度経済成長をなしとげ、「一億総中流」社会を実現したのでした。最盛期には日本の株式市場の資金量は世界のトップで、ニューヨークのロックフェラーセンターを買い取るほどの勢いでした。アメリカにとっては深刻な脅威だった違いありません。
 
 この本は「平成20年史」ですから、記述は年代順に進みます。平成元年(昭和64年)は、まさに日本の絶頂期でした。この年末に、東証の平均株価は3万8915円の史上最高値をつけました。しかし翌年の初めから株価は値下がりに転じ、1年遅れて地価の下落も始まりました。いわゆるバブルの崩壊です。
 
 バブルは、はじけて当然の悪いものだったと一般には信じられているでしょう。しかしこの本で少し認識を改めました。山は、つぎの谷が深ければ高い山だったことになる。もっとソフトなランディングを心がければ、日本経済の傷は深くならずに済んだというのです。いずれにしても、これが平成経済の悲劇の始まりでした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。