記事

Iraq情勢(宗派等の対立等)

Iraqのモースル解放作戦は、未だ各地で激戦が続いており、これからは要塞化され多数の住民を抱える市の中心部の戦闘に移っていくようですが、イラク軍はモースルをほぼ完全に包囲し、ISの補給路も切断した(シリアへの連絡路のテルアファルはシーア派民兵が攻略中9としていますが、他方イラクの抱える構造的な宗派、民族対立がますます目立ってきています。

最近でも26日でしょうか、イラク議会がシーア派民兵法をスンイ派等の激しい反対にもかかわらず、可決し(スンニ派議員のうち89名が退場したが、230票で可決した由)、これに対しスンイ派の最大政党は、宗派間協力の精神に反し、憲法違反として裁判所に訴えることを検討中としている由。
この法案は、シーア派民兵を国軍の一部として、同様の法的保護を与える者の由。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2016/11/26/تحالف-القوى-العراقية-تصويتنا-على-قانون-الحشد-مشروط.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2016/11/26/القوى-السنية-قانون-الحشد-طعن-لمبدأ-الشراكة
この法案に関連してal  qods al arabi  net は「イラクは宗派対立とISの暴虐とクルド問題に直面している」との記事を掲げているところ、特に目立った論調でもないが、いくつかの具体的な事実等も含まれていて、イラクの抱える問題を理解するうえで、参考になるかと思われるので、記事の要点のみ

「シーア派民兵に関する法案は多くの議論を巻き起こし、イラクの抱える宗派問題の深刻さを改めて示した。
現地でも、テルアファルをシーア派民兵が攻撃しているが、現地住民は、彼ら民兵の行動に深刻な懸念を表明している。
他方シーア派民兵の方はテルアファルの奪還は、モースルのISを完全包囲し、その補給路を切断するだけではなく、今度彼らがシリアに向かって、シリアのISを攻撃するためにも重要な戦いであると宣言している。
サウディとイラク政府の対立も激しくなっていて、アラブ・アフリカ首脳会では米国のjasta法案(9:11事件に関しサウディ等を訴えることを認める法律)非難の決議案に対して、イラク留保して、一部の政府はISをかくまっていると非難した。
クルド自治区については、一部の政治家が、政治危機解決のために、同地域の国民救国政府の設立を呼び掛けていることに合わせて、バルザーニ議長(確かクルドを巡る危機を理由に占拠を延期して居座っていた)が、クルド地区でのの3権の選挙を呼びかけた。
クルドと中央政府は、原則として独立する権利を認めるように、とのクルド側の主張で、前から緊張していたが、モースルでペッシュメルガが占拠した地域の帰属をめぐって、争いになっている。
またクルド地域では珍しい事件として、モスクの前でイスラム教の指導者(スンイ派かシーア派か不明だが、シーア派?)が暗殺される事件も生じている。
このようにモースル奪還作戦という最大の事業が進んでいるときに、宗派間対立が改めて深刻な問題としてでてきた」
http://www.alquds.co.uk/?p=636506

あわせて読みたい

「中東情勢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。