記事

長崎への原爆投下は避けられたか

 昨夜のNHKスペシャルは、原爆投下当時の日本軍諜報部が、B29による「特殊任務」を察知していたとの証言を発掘していました。この話は、終戦から間もない時期にも、一度読んだことがあります。(文芸春秋の記事だったように思います。)傍受した通信から、原爆が関係する作戦が探知されていたということでした。昨夜の番組では、さらに具体的に、長崎への原爆機を迎撃できなかった航空兵の無念をも取材していました。 

 遅れていたと言われる日本軍の諜報活動ですが、その程度の解析能力を持っていたことは、体験者である阿川弘之氏の著作を通しても知られています。「2発目の原爆機」についての情報は、参謀本部のトップにまでは届いたようですが、当時はソ連軍の参戦が大問題で「御前会議」が緊迫しており、対応が遅れて8月 9日11時の長崎原爆投下には間に合わなかったのでしょう。

 しかし現地の防空戦闘隊「紫電改」に迎撃命令が出ていれば、全力をあげて撃墜することは可能であったでしよう。少なくとも、警戒警報も出さずに原爆投下を許したのは、信じられないほどの怠慢でした。広島原爆の経験から、「少数機の攻撃でも軽視しないように」との広報は出していたのですから、警報が出ていれば、かなり多くの人たちが救われたに違いありません。

 このように「想定外の非常事態に弱い」のは、日本官僚の昔からの体質なのでしょう。歴史に「……たら」「……れば」は通用しないそうですが、私もここでは一言いいたくなります。長崎への原爆機が首尾よく事前に撃墜できたら、長崎の町が救われたことは確かです。しかし、それでも大勢が変わるほどのことはなかったでしよう。原爆の威力はすでに証明され、ソ連軍の侵攻は止めどなく進んでいたのですから。

 もし2発目が失敗しても、アメリカ軍は次の原爆攻撃を実施することもできました。私が以前に読んだ情報では、長崎の後に、もう一度「3発目の原爆機」らしいB29がテニアン基地から飛び立ったが、途中から引き返したとのことです。日本がようやく真剣に終戦工作を始めたことを知って中止したのだろうと私は解釈していました。それにしても、自国の国民を守ることについては、最後まで真剣にならない日本の軍隊でした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。