記事

き弁を繰り返し、ねつ造を積み重ねる上司 - 吉田典史

 今回は、ベンチャー企業の管理職(40代半ば・男性)を取材した。前職の有名IT系ベンチャー企業(正社員数150人)で管理職をしていた5年ほど前、「使えない上司・使えない部下」と巡り合い、徹底して振り回されたという。そのことが理由となり、退職。今、新たな職場で活躍する。当時を「意識や感覚が狂っている人が多かった」と振り返る。

土壇場になると裏切り、はしごを外し、自己保身をする

 前職の頃、「使えない上司」は、管理職(マネージャー)である自分からすると、土壇場になると裏切り、はしごを外し、自己保身をする本部長や役員たちでした。

 たとえば、「Aという仕事をするよう」と私に命じておきながら、社長が「Aなんて、しなくともいい!」と怒ると、手のヒラを裏返します。本部長や役員は、「そんなことを指示していない」と言います。社長に「私が、彼にAをすることを指示しました」とは絶対に言わない。

 部署の指揮命令が混乱し、バカバカしくなり、辞めていく人もいました。私もそのひとりです。土壇場で、はしごを外す人は、要はメンツやプライド、体裁を守りたいのでしょう。

 本部長や役員から、「君の部署で、この仕事をいつまでに終えるように」と言われても、また、裏切るだろうなと思ってしまいます。そもそも、社長と役員、本部長の間で仕事の分担や権限・責任の取り決めをしていません。本部長や役員は、社長の顔色をうかがい、気分を損ねることを恐れ、ホンネの話し合いをしない。何も詰めることなく、言いやすい管理職にめちゃくちゃな指示をします。

 こんな職場に慣れてくると、腹が立たなくなります。「そこまでして、しがみつきたいの?」と思うくらいです。本部長や役員は、管理職に「申しわけない」なんて感じていなかったように思います。むしろ、「あいつらは呑み込みが悪い」と言っていたんじゃないでしょうか。自分を正当化することが得意で、詭弁の繰り返し。私が退職するとき、本部長があっさりと謝るのです。「互いにコミュニケーションがうまくいっていなかったみたいで、悪かったな」と。

 こんなことをいえるのは、実際は、悪いとは感じていないからでしょう。申し訳ないと思っているならば、口にできないセリフですよ。日ごろから、詭弁の繰り返しで、嘘やねつ造を積み重ねていました。その流れの中で、まれにうまくいくと、「ほら、俺の言ったとおりだろう?」となります。「間違いは、部下であるお前たち」と言わんばかりでした。

 だから、問題の原因が残ったままでした。相変わらず、社長が介入し、指揮命令が混乱。管理職や部下は、ムダなことを繰り返していく。精神的に疲れ、辞めていく。そんなときも、彼らは詭弁を使います。「あいつらは使えない。だから、辞めた」という方向に話をもっていくのです。

 役員のひとりに、40代半ばの男性がいました。好き嫌いが激しく、気にいった管理職をかわいがります。何かのきっかけで、寵愛のターゲットから外された管理職は、一転して憎しみの対象となり、苛め抜かれ、追い出されます。

 管理職たちも、保身に走ります。本部長や役員と建前の話し合いしかしなくなり、ホンネで問題点を詰めなくなります。結局、言いやすい部下(非管理職)にめちゃくちゃな指示をします。社長と同じく、本部長や役員も中途半端に「そんなことするな!」と介入をします。部下に指示をしたはずの管理職は、「私はそんな指示はしていない」と詭弁を言い始めます。だから、意識が高く、やる気のある20~30代の社員がバカバカしくなり、辞めていくのです。

上司と部下は、過度に依存しないことが大切

 自分にとって「使えない部下」もいました。30代後半の女性で、結婚し、子どももいました。いくつかの部署で「使えない」とレッテルをはられ、私がマネージャをしていた部署に異動してきたのです。それまでの上司たちの評価どおりで、たしかに、仕事はできない。ネガティブの塊となっていて、あらゆるものを否定します。前の部署のときに、あまりにも評価が低いので、基本給を下げたようなのですが、仕事への姿勢は変わりません。

 むしろ、「自分は間違っていない。私の勝手でしょう?」と開き直ります。ふてぶてしいほどで、やりたい放題になります。それまでの上司がさじを投げ、追い出しをした理由がわかる気がしました。

 入社15年ほどになっていて、定着率の悪いあの会社では古株になっています。役員や本部長とも、ある程度、親しいのです。管理職はそのことを警戒し、女性に厳しく言いません。だからますます、やりたい放題。せいぜい、水面下で人事部に報告をして、他部署への異動を願うのみです。

 今は、新たな男性が女性の上司になっています。女性は40代前半になっていて、上司は30代半ば。やはり、「使えない」とみているようです。だけど、役員や本部長が女性を辞めさせない。結局、誰も何もいえない。こんな様子を観察している20~30代で、意識の高い人が失望し、辞めていくのです。

 管理職は部下を使えるようにするべきですが、それができない場合もあります。「使えない部下」は、必ずいます。こんな人を「使える部下」にしようとするのは、短い会社員人生で無駄な時間となります。深く関わらないほうが、双方にメリットがあるのです。その部下も「成長したい」なんて思っていないのでしょうから。
 
 上司と部下は、過度に依存しないことが大切です。互いに期待はしないほうがいい。そのためには、自分を持つこと。何のためにこの会社にいて、なぜ、このような仕事をするのか、今後、どうしていきたいのか…。こういう考えが明確ならば、振り回されないようになるんじゃないでしょうか。「使える上司」「使える部下」がいるならば、最大限使ったほうがいいでしょう。

 しょせん、上司や部下というのは、役割でしかありません。互いに、その役割を演じていると思えば、それほどに嫌なものでもないと思いますね。

あわせて読みたい

「上司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

  10. 10

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。