記事

インタビュー:ユーロ圏各国中銀、レポ市場支援へ国債貸し出し拡大可能=ECB副総裁

[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は、ユーロ圏の中央銀行はレポ市場を支援するため、資産買い入れを通じて保有している国債の貸し出し拡大が可能との考えを示した。ロイターのインタビューに応じた。

ロイターは23日、ECBが短期資金調達市場が凍り付く事態を回避するため、資産買い入れを通じて保有している国債の貸し出しを拡大する方策について検討を進めていると報道。副総裁の発言はこれを裏付ける内容となった。

副総裁は「ユーロ圏の全中銀はレポ市場の流動性を支えるため、証券貸し出しを行うべきだ。われわれはこれに関する指針を提供する」と述べた。

レポ市場が機能不全となれば、銀行間融資が阻害され、ECBの緩和効果が低減する恐れがある。そのため「すべての中銀が証券貸し出しでさらなる対策を実施すれば、それがレポ市場を支援する」とした。

考えられる対処策としては、期限までに債券を戻せなかった場合の制裁コストの軽減や受け入れ担保の種類拡大、貸し出し期間の延長などが挙がっている。

イタリアで12月4日に実施される改憲の是非を問う国民投票については、「金融市場にどの程度の衝撃を与えるか見極めた上で、対策を講じるかどうか決める」と述べた。

レンツィ伊首相は国民投票に自らの進退をかけており、市場では否決された場合に首相が辞任し、政局が不透明になる事態を懸念している。

また「市場がユーロ圏分裂のリスクを織り込んでいるとは思わない」とし、国債利回りは世界的に上昇しており、イタリア国債の利回り上昇幅はこれを上回るものの「なお極めて低水準」との考えを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。